« 紅葉の秋なのに桜を求めて180km 後編 (゚∇^*) テヘ♪ | トップページ | 下りの右カーブが怖い… »

2009年11月25日 (水)

リアディレーラーのトータルキャパシティ

今、管理人のESCAPE R3についているリアディレーラー(以下RD)はTIAGRAのロングゲージ

ロード用のRDにはロングゲージとショートゲージの2種類がありますが、本日は何が違うのかを記事にしてみたいと思います
チョット イツモト違ウ 書キ出シダネ^^


実は、その違いは、トータルキャパシティーにあります

シマノのTIAGRAを見てみると、
 ショートゲージ(SS)のトータルキャパシティーが31T
 ロングゲージ(GS)のトータルキャパシティーが37T となっており、写真の通りゲージの長さが違います。

(左)ショートゲージ  (右)ロングゲージ
Rd


トータルキャパシティーとは、「フロントの歯数の差とリアの歯数の差の合計」のことを言いまして、フロントクランクとリアのスプロケによって決まってきます。

つまり、純正のR3(08モデル)では、フロントアウター48T-インナー28T=20T
                      リアスプロケのロー32T-トップ11T=21T
となり、トータルキャパシティーは20T+21Tで41Tとなります。


なので、純正のR3には理論上、シマノのTIAGRAが付けれないということになります。




でも、リアのスプロケをロード用の小さいものにしたら、憧れのTIAGRAが付けれます。
(実際はシフター等の変更も必要ですが…)


で今度は、管理人が最初に改造した状態の
フロントは純正のままで、スプロケ9速の13-25Tのトータルキャパシティーを計算してみますと、
(フロント48T-28T=20T)+(リア25T-13T)=32T となり、TIAGRAのロングゲージ(GS)が付けれることになります



そして、次はフロントをコンパクトクランクに変更すると、
(フロント50T-34T=16T)+(リア25T-13T)=29T となり、TIAGRAのショートゲージ(SS)が付けれる様に昇格します。


昇格って事は、当然変速性能が高いってことで、
ゲージが短い分だけ、GSより変速がスパスパきまります



ちなみに、管理人のRDは最初にスプロケを交換した時に購入したロングゲージ(GS)が付いてます
今は、クランクをコンパクトに交換したんでショートゲージ(SS)が付くんですが、まだ交換してません
ダッテスグ新シイノニシタラ モッタイナイジャナイデスカ…


でも、最近更なる変速性能の向上に憧れてまして…
クイックな変速が出来れば、早く走れるような気がして…


という訳で、只今105のショートゲージの購入を画策してます
といっても、ヤクオフで安く買えればと頑張っている状態ですが…
デモ競争ガ 結構ハゲシクテ ナカナカ落札デキマセンガ(汗)

安く早く

このキーワードで今後も改造を頑張りたいと思います



久しぶりの改造関係の考察で頭を使いました。
こんな管理人に応援のクリックをお願いします^^

自転車ブログ クロスバイクへ

ランキング参加中の管理人に 改造とツーリングのやる気を下さい!

« 紅葉の秋なのに桜を求めて180km 後編 (゚∇^*) テヘ♪ | トップページ | 下りの右カーブが怖い… »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアディレーラーのトータルキャパシティ:

« 紅葉の秋なのに桜を求めて180km 後編 (゚∇^*) テヘ♪ | トップページ | 下りの右カーブが怖い… »

フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング参加中

  • 今日の順位をチェック! ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 自転車ブログへ
  • にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    ↑↑↑↑ 他にも面白い改造記事がたくさんあるかも
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック


アクセスランキング