« BRM414京都400 その2(PC1~PC2) 前編 | トップページ | BRM414京都400 その4で最終(PC3~PC4~GOAL) »

2012年4月23日 (月)

BRM414京都400 その2(PC1~PC2) 後編 とその3(PC2~PC3)

今日もブルベの続編です。

前回に引き続いてのPC1~PC2続きとPC2~PC3の記事になります。




この区間は、夜間走行の時間帯だったので、写真が少なくて文字が多くなっていますので、読みにくいと思いますが、ヒマな人はどうぞお付き合い下さい。


お忙しい人は、ポチッとしてご退場をw

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 


はー、それにしてもいつ完結するんだろうww




ということで、まずは「PC1~PC2の続編」をどうぞ。


ちなみに、PC1~PC2のコースは、丹後半島をぐるっと回るアップダウンコースでおじいちゃん向きのコースだったな~(笑)






丹後半島の絶景を堪能したら、気が付けば日が落ちて夜の帳につつまれる…


そして、分かっていたことだけど、この辺りは田舎ゆえ電灯がなく、真っ暗^^;




そんな状態で前を走る管理人が「あれ、後ろから車が来た?」と錯覚させるほど明るいライトを浴びせかけるのは、ご存知ちょいメタボ君(笑)


どうやら、明るさと眩しさに定評のある中華ライト(驚きの1300ルーメン)を取り付け、みんなを後ろから照らしてましたw

って、中華ライトの1300ルーメンって意味分からん明るさやーww






話が変わりますが、

暗くなると、老眼の管理人は視力が一気に落ちます(爆)

でも、暗くて夜目が利かず路面が見えなくても、上りがきつくなればケイデンスは落ちるし、場合によってはフロントをインナーに落として、上り坂を上ります。




そんな感じで、暗い上り坂をフロントインナーで走っている時、またもや雨魔人さんから驚きの発言が…




「この道って、もしかして上っているのかな~?」






ちょww 管理人とひろさんはすでに、インナーロー寸前なんですけど…w

またもや、剛脚発言いただきましたww


教訓 「剛脚は暗いと激坂も普通に上る







19:35 久しぶりのコンビニ補給

実に40kmぶりぐらいのコンビニでした(笑)
ホント田舎だわ~


で、ふと周りを見ると、ちょいメタボ君とひろさんがやや疲れ気味…
というか、二人とも体が大きいので燃費が悪すぎで、腹へりの模様w




ということで、ついにポタナビの出番とばかりに電源を入れて、この辺りの食べ物屋を検索開始^^
Cimg8327

するとこんな田舎にもかかわらず、ポタナビさんは、ご飯やさんを教えてくれましたよ。



今来た道を、約1km戻る方面にある中華料理屋を w





ということで、来た道を戻り、途中で横道にそれ、ポタナビが検索したお店に到着。



ポタナビが教えてくれた店は、中華料理「安安」という、秘密のケンミンSHOWで紹介されたお店でしたw
Cimg8329_2

どうやら、ポタナビさんはミーハーなんで、TVで紹介されたお店や、チェーン店をナビしてくれるみたいですw


でも、この辺りは田舎なんで、ポタナビさんの紹介が無かったら、絶対晩ごはんを食べる場所が見つからなかったから、今回はとっても役にたちました^^




ということで、食したものは「ラーメン定食」w
Cimg8330

いやー、またもやガッツリと食べちゃいましたww

このお店は、味・量・値段共に満足でしたよ^^




結局、この晩ごはんの寄り道で1時間ぐらいの時間を使っちゃいましたねw









そして、満腹になったら(動けないほどの腹いっぱいとの説もありw)、最後の激坂の三原峠を超えPC2に向かう。



三原峠に到着し上り始めたら、前方に早くもバイクを押して歩いている人を発見(汗)

「えっ、押してるよ… もしかして、ものすごく辛い峠なのか??」




この後直ぐ、勾配が変わり激坂になったことは言うまでもありません(泣)

ホント、いつ足を付こうかとかなり悩みました^^;




でも、脚が終わる前になんとか登頂できたので、ホント良かったw




22:00 PC2城崎温泉のローソン(22:00)

この温泉は「シロサキ温泉」じゃなくて「キノサキ温泉」って読むのだそうですw
これは、ブルベに出たものが知る豆知識ですねww


あと、この辺りはなんと、兵庫県(驚)

なんだけ、凄い場所を走ってますねー
ブルベじゃなかったら、絶対こんな場所をこんな夜遅く走っていませんね^^



ということで、ようやくPC2(240km)に着きましたw

出発してから、すでに14時間以上経っているので、結構体がヘロヘロです。

果たして、この後はどうなっちゃうのでしょうか?
この後も、珍道中はまだまだ続きます^^






ということで、ここからは「PC2~PC3」をお伝えします。

まだまだ、書きますよ~w

ちなみにここからは写真が一枚も有りません(汗)

だって、眠気と疲れと激寒に耐えるのに必死で写真撮る余裕がありませんでしたから…

ホントこの区間はキツカッター。




距離こそ60kmと短かったものの復路一の山上りがあるこの区間のコースはこんな感じですよ。



PC2出発が22:15頃。


PC2を出たら、進行方向が南になるので、行きに散々苦しめられた北からの逆風が追い風になって、楽チンになる予定。


なので、さあここまでの遅れを取り戻すぞーと思って走り始めましたが、なぜかあまり進まない。

えーと、いつの間にか風が止んで無風になってました(泣)



これってやっぱり、ブルベの神様のイヤガラセなのかな~w





PC2を出発した辺りは管理人が先頭で走っていましたが、期待してた追い風ボーナスが無くて直ぐに失速しましたので、途中からちょいメタボ君が前にでて鬼牽き開始。

ちょいメタボ君はお腹が減っている時は絶対先頭を走りませんが、お腹いっぱいだと結構積極的に先頭を走ります(笑)
なので、この時は夕食のラーメンがまだお腹に残っていたのかなw



そんな事を考えながら、後ろに付いていたけど、付いていくのが結構キツイ^^;
かなりの速度で前を牽いていましたね~


で、信号待ちで振り返ると、

ひろさんがいない(汗)

どうやら、PC2手前の峠で脚が完全に売り切れて、さらに今回の鬼牽きで完全に脚が終わったみたいです…




なので、ここからは結構まったりと走りました。

まあ、このPC2からPC3の間には、復路イチの上り区間(えんえん14km上りっぱなしw)があるので、いやでも、まったりとなってしまうんですけどね^^;


そんな14km上りの始まりの交差点に付いたのが、23:45頃


すでに、日が替わろうとする時間帯です。






で、この時、管理人に発生した過酷な現象は…



ありえないほどの眠気」 orz





普段早寝早起きのおじいちゃん管理人にとって、この時間は真夜中なんですよ(爆)

しかも、この日は京都遠征なんで1:00に目が覚めて、活動開始してたんで、この14kmの上りの最中は激ネムでシニソウでした(泣)


とは言っても、管理人だけが眠かったみたいでなく、みんなこの上りがキツカッタみたいで、

雨魔人さんは意味無く「ネムイので、ダンシングで爆走します^^」 とか…

ちょいメタボ君は、いきなり上り坂を40kmで上りだしたりとか…



剛脚ならではの、眠気対策をしていましたw



教訓 「剛脚の眠気覚ましは坂道ダッシュだ」ww



そんな中、貧脚の管理人は、坂道ダッシュをする元気も無く、半ば寝ながら上っていました(汗)

実際、眠い時に出るあくびの数が、1分間に30回は出てたので、ホントに眠かったと思います。

あと、上りながら「あれっ?ここはどこ?? 私は誰???」って何度思ったことかwww







更に過酷だったのが、この時の気温が、厳寒の3℃ (泣)

あのー、4月半ばなのに何故真冬の温度域の中を走る修行を積んでいるのでしょうか? 



ホントにこの辺りが一番の辛い区間でしたね(遠い目)





でも、何とか上らないと途中で凍死間違いなしなので、

途中の自販機でホットコーヒー休憩をはさんだりして、なんとか1時間の苦行を終え、無事登頂を致しました^^v




登頂後は、ヘビー級のちょいメタボ君を先頭にPC3まで爆走開始。

みんなは下りにもかかわらず、シヌ思いでペダルを回していましたが、ちょいメタボ君は先頭で足を止めてみんなを牽く。
ありえないほどの、重量活用激速下りでしたねww





1:25 PC3 ローソン(約300km)

このPCでは、食欲より寒さ対策が大事ということで、小さいカイロを2個買ってシューズカバーの中に入れ、寒さ対策をしました。

それにしても、4月の半ばなのに気温3℃ってどういうこと?
改めて、ブルベの過酷さを再認識しました。




とは言うものの、横を見ると剛脚忘れ物雨魔人さんは、指きりグローブにシューズカバーなし(驚)


教訓 「剛脚は気温3℃でも夏の格好




うーん、雨魔人さんには、まだまだ過酷さが足りないようでww




さて、記事がかなり長くなってきましたので、一旦記事を切りたいと思います。
この後は、そろそろ夜が明けますので、写真を織り交ぜて記事を書きたいと思います^^









続きだ楽しみ~と思いましたら、応援のクリックをお願いします^^

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 








                

« BRM414京都400 その2(PC1~PC2) 前編 | トップページ | BRM414京都400 その4で最終(PC3~PC4~GOAL) »

走行(ブルベ)」カテゴリの記事

コメント


こんばんは。
( ´艸`)プププ ちょいメタボ君。
いい、キャラクターですね。笑。
中華ライトですか。中華カーボンは
聞いた事有りますが。ネットで購入され
たんですかね?しかし、夜通し走るなん
て。夜中に、山の中を一人だと、怖すぎ
ますね。汗。60キロは、短くないですか
ら。笑。

続きが とっても 楽しみです。しかし、

『眠い』

の表現が多彩ですね~~。読んでて眠くなりましたヨ。

お疲れ様です

雨魔人さんとは幻の存在か何かではないでしょうか?

こんばんはm(_ _)m今年の社員旅行で城崎温泉に行きました。もちろんローソンにもよりましたが…あんなとこ走ってたんですね!ちなみに天橋立にも行きました!

夜食ってだいたい中華、
ラーメンセットみたいですね。
確かに遅くても営業してるのが中華料理屋ですよね。
それをがっつり食べたらそりゃ眠いわけです。
がっつり食後のライドは十分気をつけて下さいまし。

皆それぞれ特徴がモロにでますね。

これだけ集団を作って走ったら心強いし楽しいし、苦しいしを分け合えるからいいですね。

ポタナビ大活躍ですねw
私もアトラスのナビであちこち行ってますが、アトラスはミーハーじゃないよ(笑)
睡魔と闘いながら坂を上ったことが無いので想像つかないけど、ヒルクライムで居眠り運転できるものなの??

やっぱり面白いです(^^)

過酷な条件で皆さん辛そうなんですけど、めばる君の記事だと面白過ぎてニヤケながら読んでしまいます。

続きも楽しみにしています(^^)

こんにちは。

夜の過酷さがよく分かりますね。気温3°ってΣ(゚д゚;)。真っ暗な道を走っていると、時間含めたすべての感覚がぼやけてきますよね^^;。

ポタナビの、この使い方は素晴らしいですね。ま、マネする人は少ないでしょうけど(笑)。
ではヽ(´▽`)/

>詞薇菜弥さま
こんにちは。
中華ライトまぶしかったですよーw
マジで、車が来たの? と何度思ったことか…
>夜中に、山の中を一人だと、怖すぎますね。
そうなんですよ、あまりの暗さに何度泣きそうになったことかww

>とりっくさま
こんにちは。
400は眠くなかったですかー
貧脚の管理人はネムネムでしたw

>銭鶴さま
こんにちは。
雨魔人さんは、一緒に走るととっても楽しい変態さんですよww

>ゆうきパパさま
こんにちは。
そうなんですよ…
バスで1泊するとこに、自転車で日帰りですよ(泣)
ホント何やってるんでしょう…
ということで、来年は一緒に走りましょうww

>恵壱さま
こんにちは。
晩ごはんは中華が定番ですよw
だって、量が多いし、安いし、温まるし、遅くまでやってるしw
ガッツリ食べて、いつも後悔しているのはナイショですww

>まっくろくろすけさま
こんにちは。
簡単に言えばみんな変態ですw
ひろさんも、白さんも、ちょいメタボ君もww
だから楽しいのかな~^^

>KIKUさま
こんにちは。
アトラスはミーハーじゃないですかw
ポタナビはミーハーなので、TVで紹介された店とチェーンを紹介するので少々情報不足の感がありますw
>ヒルクライムで居眠り運転できるものなの??
出来ますw 一瞬なら寝ながら上れますよww

>けんさま
こんにちは。
ホント今回も過酷だったのに…
楽しく読まずに、行間の辛さを読んでくださいww

>まっさんさま
こんにちは。
真っ暗な夜は、結構大変です。
なぜか記憶が混濁してきて、一生懸命覚えたキューシートの曲がり道を忘れてしまいます^^;
次回気をつけましょう^^
ポタナビはようやく使い方が分かってきたので、次回はモット楽しい使い方が出きるかもですw

いやーこの区間は眠たかったですねーw
もうフラフラだったなぁ。。。
でもこのフラフラ走行で、売り切れていた脚と体力が少し回復
したのは驚きましたw
カラダは完全に寝てましたねー。

ヒマジンさん軍手は?
しかし気温3度で寝たら
そのまま死にそうです(爆)
今週末の足下に悩みます。
水虫なんだよな〜(笑)

先月の名古屋も0℃切ってましたし、毎回修行が続きますね~。
やっぱり夜中も見越して、グローブは予備を持って行きたいところです。

今週末は良い天気で暖かそうですので、楽しみです。

おはようございます。

楽しいのか辛いのかよく解りませんが、とっても内容の濃い今回の記事でした。
それにしてもちょいメタボさんは魔人さんに匹敵する剛脚なのですね・・・
対照的な体型のお二人ですが、激坂も眠気も感じないとは人間離れしてる・・・
ひろさんが可哀想になってきましたw

それでわ

>ひろさま
こんにちは。
ホントにこの区間はやばかったです^^;
でも、ここで復活するとは、驚きでした。
やっぱり、ひろさんも変態だったんですねww

>ハンガーノックンさま
こんにちは。
この時、雨魔人さんの軍手の記憶がありませんww
まあ、軍手してても、濡れた軍手だと体感温度はマイナス3度なので、してない方が良かったかもw
今週末も夜の格好には悩みますね^^

>りょうさま
こんにちは。
ホント毎回修行です。
今週末も楽しく走れる気候になるとは思えませんが…
今度はどんな過酷が待っていることやらw

>オカメーズさま
こんにちは。
ちょいメタボ君は剛脚ですよw
ひろさんもそうですが、管理人もかなり可愛そうでしたよw
応援ヨロシクですww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1187412/44921453

この記事へのトラックバック一覧です: BRM414京都400 その2(PC1~PC2) 後編 とその3(PC2~PC3):

« BRM414京都400 その2(PC1~PC2) 前編 | トップページ | BRM414京都400 その4で最終(PC3~PC4~GOAL) »

フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング参加中

  • 今日の順位をチェック! ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 自転車ブログへ
  • にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    ↑↑↑↑ 他にも面白い改造記事がたくさんあるかも
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック


アクセスランキング