« EDGE500 備忘録その2 走行データからLAPデータ抜取り | トップページ | EDGE500 備忘録その4 EDGE500でナビを使う »

2012年6月18日 (月)

EDGE500 備忘録その3 ナビ化(EDGE500へデータ転送)

今日の備忘録はEDGE500のナビ化です。

この技さえ知っていれば、ブルベ等のコースの決められたイベントを走るときに物凄く威力を発揮します。
(今年のブルベで検証済み)



なので、このナビ化の方法を記事にします。



ちなみに、8000点を超えるとルートラボで保存が出来ないので、管理人はおおむね100~150kmでルートを作成し、EDGE500にインポートしています。
ブルベの時は、PC間の距離を考えてナビ化すると、いいですね。



備忘録その3.EDGE500のナビ化(EDGE500へデータ転送)


(1)ルートラボでコースを作成

   1)8000点未満になるように作成する

   2)ルートのダウンロードでGPXを選択し保存する


(2)GPSiesにアクセスする

   1)Convertのタグをクリックし、

   2)参照をクリックして、(1)で保存したGPXファイルを選択

   3)Trackのプルダウンより「Garmin Course CRS」

   4)Show Optionsをクリックして、Speedに 20 を入力
     (入れなくてもいいけど、入れておくと時速20kmのバーチャル君と競争できるので入れたほうが楽しい)

   5)Convert をクリックして、CRSファイルを作成する。


(3)ガーミントレーニングセンターを起動する

   1)ファイル→インポート→コースを選択し、(2)で作成したCRSファイルを開く

   2)インポートしたコースが出来るので、EDGE500を接続し、デバイスへ送信する

   3)送信が終わったら(結構時間がかかる)、EDGE500を取り外す。





以上で、EDGE500にルートラボのデータ転送が出来ました。

後はこのデータを呼び出し、ナビとして使ってみましょう。



記憶で書いたので一部手順が不安なため、おかしかったら指摘してくださいw



実際にナビで使う方法は、次回記事でお伝えすることにします。

では、今日のところはここまででお願いします^^










結構面倒だけど、ブルベでミスコースしないために頑張ってナビ化しましたw
こんな管理人に気が向きましたら、応援のクリックをお願いします。

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ 

今回の記事で紹介したEDGE500(心拍、ケイデンス付き)はコチラ

GARMIN Edge 500,ガーミンエッジ500 Cadence & Heart Rate 『並行輸入品』

    




                     

« EDGE500 備忘録その2 走行データからLAPデータ抜取り | トップページ | EDGE500 備忘録その4 EDGE500でナビを使う »

EDGE500」カテゴリの記事

コメント

スーパーランドナーまっしぐらですな。
昔中学生が夏休みに自転車で日本横断が話題になってましたが、めばる君さんなら一週間の休暇でできるのではないでしょうか?(沖縄列島はむりかも)

>forciaさま
こんにちは。
よし、じゃあ今度の盆休みで日本縦断しよっとww(ムリムリ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1187412/43948842

この記事へのトラックバック一覧です: EDGE500 備忘録その3 ナビ化(EDGE500へデータ転送):

« EDGE500 備忘録その2 走行データからLAPデータ抜取り | トップページ | EDGE500 備忘録その4 EDGE500でナビを使う »

フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング参加中

  • 今日の順位をチェック! ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 自転車ブログへ
  • にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    ↑↑↑↑ 他にも面白い改造記事がたくさんあるかも
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック


アクセスランキング