« BRM511京都600 前編 (なぜか路面が濡れている_| ̄|○ il||li) | トップページ | BRM511京都600 後編 (そして感動のゴールへ) »

2013年5月16日 (木)

BRM511京都600 中編 (九頭竜湖の上りはイヤすぎるよ。。。)

今日は、ブルベの続き記事です。

前記事が気になる方は、探して読んでから当記事を読むといいかもしれませんね。



だって、こんな長距離ブルベなので流れというものがありますので( ̄▽ ̄)








PC3でおやつのスパゲティだけを食し、次なるミッションの「東尋坊タワーとバイクを一緒に撮影せよ」に向かう管理人。


朝のブリーフィングで、夜になったら高感度カメラで撮ってくださいって言ってたけど、管理人はそんなの持っていない(汗)



なので、頑張って漕いで走ります。






そう言えば、この頃から福井県の海岸線がようやく福井県らしくキレイになってきました。
さらに、路面も乾燥してきて走りやすくなったし(^^)


という訳で、ここまで写真を撮れなかった鬱憤を果たすべく、写真をパチリパチリと撮っときました(笑)




海岸線はだいたいこんな感じだったかな~。
Cimg2069

護岸工事がされていない自然の海岸線が多かったですよ。




なぜにこんな海岸線に田んぼが??
Cimg2067

ここだけでなく、結構海岸沿いに田んぼがありました(驚) 



日本海の夕焼け。ホントは夕日が見たかったけど、それは叶わず。
Cimg2075

写真を見てお分かりのとおり、いいお天気でここまで来れました( ̄▽ ̄)






さ、早く行かないと暗くなって東尋坊で写真が撮れないぞ。



19:00 東尋坊
Cimg2076_2 

ギリギリ明るいうちに写真が撮れました(^^)





19:30 PC4(271km地点 14時間30分経過)

このPCに入る時にふと視界にラーメン屋が飛び込んで来るw
Cimg2084

なんとなく、美味しそうな感じがしたので、レシート取得後フラフラ~と入店(笑)


ようやく、ここでごはんが食べれましたw

で、あれこれ悩んで頼んだのがコレ。
ウワサで聞いてたソースカツ丼w
Cimg2080

ラーメン屋なのにあえてカツ丼を頼んだのは、一般的なカツ丼と違って卵でとじていないから。


でもね、これが旨いのw
また福井に行ったら、多分食べちゃうかとw



そして、このカツ丼を食べ終えた頃、隣に一人のブルベストが着席する。

よく見たら、岡山のグルメブルベストさんだよ(^^)


思い出せば、2年前の雨の名古屋600の時に初めてお会いしてから、何度かブルベで見かけていますが、いつも美味しい物をたべているグルメの達人です。。
聞けば、この日もお昼に刺身定食を食べて、晩ごはんがここで、この後温泉に行くとのこと。
うーん、食べ過ぎw
さすが、ランドヌール5000取得の剛脚。
管理人も、ここまで極めたいものです(^^)







ここからは、次のPCまで80km以上あって上りもかなりキツい往路?最大の難所の九頭竜湖。



なにが難所かって?

それは、民家少ないため街灯なし(コンビニどころか自販機もなし)、標高が700m超えのため上るしかない、標高が高ければ当然寒い っていう感じで。。。

と言っても、そんなドM区間は、後半部のたったの40kmなんで、その前に、ライトアップされた丸山城をパチリ。
Cimg2086

キレイだな~。

これは、今からの難所の前のご褒美なのかww




つづく・・・






と行きたいとこですが、また半分の300kmも書いていません(汗)


なので、もう少しだけ書きますね。





君が代橋を左折しR158に出たら、九頭竜湖への終わりのない上りに突入。

でも、とにかくペダルを回しさえしていれば、いつかは目的地に近づくと思い眠い目をこすりつつ黙々とペダルを回す。


それにしても、300km超えてからの400mアップはキツイわ~(汗)

またこの上りが、アップダウンのある上りなので、なかなか標高が増えないし・・・





そんな感じで眠さをこらえてダラダラと走っていたら、一人のランドヌールに追いつかれる。

あっ、早い人が来たなと思い、抜かれるかな~と思ったけど、やっぱりこのランドヌールも暗い山道が怖いのか、眠いのか分かりませんが、何故かここに合流し3人パックで一緒にヒルクライム。


おかげで、一寸先は闇ってぐらい真っ暗が3人のライトで明るかったし、
眠かったのも、メンバーが増えたことにより変化が出来、刺激が増えたので、眠気が引いて良かったな~。



1:05 PC5到着(358km地点 20時間5分経過)
Cimg2090

真っ暗で寒い中、有人チェックでした。

ホント、スタッフのみなさん、ありがとうございます。






そして、ここがドロップバッグの到着地点なんで、まずはおもてなしのカップラーメンを頂き、
Cimg2089



ドロップバッグから就寝キットなどを取り出したら、しばしの仮眠(^^)


こんな仮眠所で軽く寝させて頂きました。
ほんの一時間でしたけど。
Cimg2092

でも、この一時間でムチャクチャ頭がスッキリしましたよ。
また、ACコンセントがあったんで、しっかりとスマホも充電できましたw



さ、仮眠・充電が済んだんで、残り240kmを軽くやっつけましょうかね(笑)



と、思って出発前に自販機で水分をボトルに詰めようと思ったけど・・・
Cimg2094

シーズンオフなのか電源が入ってませんでした(泣)

うーーん、九頭竜湖恐るべし(笑)







つづく

はーー、いつになったら完結するんだろう。。。









皆様のクリックで頑張って記事を書き進めると思いますので、出来ましたらポチっとな(笑) 

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 

             




          

« BRM511京都600 前編 (なぜか路面が濡れている_| ̄|○ il||li) | トップページ | BRM511京都600 後編 (そして感動のゴールへ) »

走行(ブルベ)」カテゴリの記事

コメント

一般的なカツ丼と違って卵でとじていないだとっ!
カツ丼がなんで卵とじなんだ!!それはカツ丼と違う何かだーっ!

ハァハァ...


え〜とですね、こちら岡山ではソースカツ丼がデフォなのであります。大学に進学して故郷を離れて初めて卵とじのカツ丼に出会った衝撃は今も忘れません。

岡山はソースといってもデミグラスソースが主はありますが中にはとんかつソースかけてるのもありました。確か伊那の辺りにもソースカツ丼ありましたね。福井もソースカツ丼文化であることは知ってましたので、私はミニラーメンとのセットを頼みましたが当然ソースカツ丼をチョイスしました。かなりイケてたと思います。
店もPCのすぐ横でしたから寄らないテはないですよね。

さてこの後温泉に行く筈だった私ですが、想定より早い進行だったのでここ芦原温泉ではなくもう30kmほど先のスーパー銭湯に作戦変更しました。ところがそのポイントを発見できず通り過ぎ、結局温泉はナシになったんです。ですから・・・
おっとその先はまた後ほどですね(^^)/

電源OFFの自販機ですか、やられましたね。(泣

しかし、仮眠所はいいなあ。
なかなか思い切って寝られないけど、
こういうところだとなんか眠れてしまいそう。

 ただし、めばる君様が 剛脚だから、
 そのお時間があるんですよね~。(裏山

やっぱりブルべは面白そうです
早く大人になりた〜いです(^O^)

福井と言えばヨーロッパ軒のソースカツ丼ですね。
懐かしいなあ。
それにしてもブルベでも美味しいものの匂いに敏感ですね。

おはようございます

600kmはまさに『果てなき旅路』という詞がピッタリときますね!

残り240kmガンバです(^^)v

こんにちは!

今回めばる君さんが走られた
越前海岸-東尋坊-九頭竜湖
-油坂峠-郡上八幡までを、
去年の中部400は逆回りでした。
北陸は、雪の為か舗装が傷んでおり、
LOOK566の本領が
発揮されたのではないかと。

※路肩に陥没ポイントが結構あった気が。

いや~、めばる君さんの場合、
「イヤよ イヤよ も・・・と言いますしね」
^^;

でも、一気に上る油坂峠より、
延々上る九頭竜湖のが、
ちとイヤかも。
ではまた。

こんにちは(^^)v
こうやって読んでると、600キロってとんでもない距離ですな!Σ(×_×;)!
どう考えても自転車なんかで移動するもんじゃないでしょ(笑)
やっぱ、ブルベに参加する人達って変態ですよ(*_*)

>ひらまつさま
こんにちは。
なんでそんなにカツ丼に熱くなってるんですか(驚)
世間では卵とじカツ丼が一般的なのに( ̄▽ ̄)

で、岡山はデミグラソースなんですか?
それは、なんだか美味しそうな・・・
一度岡山にも行かなイカンですねw

結局温泉は九頭竜のテントというオチを期待していますよ。
それにしても、あれだけ寄り道されていてもゴール時間が変わらないというのが驚きでしたよ(^^)

>とりっくさま
こんにちは。
管理人は思い切って寝る派なんで、仮眠所はありがたかったです。
それにしても、中部400はずーと雨だったみたいで・・・
ということは、とりっくさんが雨男でOKなのかなw

>タッキングさま
こんにちは。
面白いので早く大人になって前を牽いてくれるのを楽しみ待ってますw

>恵壱さま
こんにちは。
ヨーロッパ軒??
それはどこでしょうか?
今度、そこの行くライドの企画をぜひw

>下町ジャッキーさま
こんにちは。
ホント果てしなかったです。
でも、懲りないんだよな~ww

>風磨堂さま
こんにちは。
あのコースは中部400の逆回りでしたか。
昼でも変態チックと思いますが、夜はマジでド変態チックでしたよww
でも、言われるとおりLOOKの本領が発揮できて、何とか走りきれました。
なんにせよ、ブルべでなければ自転車で通るとこではありませんね(^^)

>ramu3003さま
こんにちは
ramu3003さんも小豆島で猿のウ○コを踏んだんで、変態の仲間入りですw
さっ、早くこっちにおいでww
でもまあ、短い距離も楽しいので、いつかご一緒しましょう(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1187412/51614960

この記事へのトラックバック一覧です: BRM511京都600 中編 (九頭竜湖の上りはイヤすぎるよ。。。):

« BRM511京都600 前編 (なぜか路面が濡れている_| ̄|○ il||li) | トップページ | BRM511京都600 後編 (そして感動のゴールへ) »

フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング参加中

  • 今日の順位をチェック! ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 自転車ブログへ
  • にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    ↑↑↑↑ 他にも面白い改造記事がたくさんあるかも
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック


アクセスランキング