« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の17件の記事

2013年5月30日 (木)

MAVICホイールのバランス取りで安全を確保

こんばんは。

約一ヶ月ぐらい前のブルベの速報で、前輪が振れ振れになって、落車の危機を感じたと書いた事はみなさん覚えておいででしょうか?

この時の記事はコチラ


簡単に言うと高速の下りで前輪が制御不可能なほど振れて身の危険を感じたってことです。




当然、この後すぐに考えられる対策を取ったので、今回の記事でどんな対策をとったかを記事にしますね(^^)




1.プロによるホイールの点検

まずは、ホイールの振れ取りをしてもらいました。

見てもらったところ、ハブに緩みが出てたので締めてもらい、また少しフレが出ていたので振れ取りをしてもらいました。



2.プロによるバイク本体の点検

次に、バイクの点検を実施。

ヘッド回りに少し緩みがあったらしいので、こちらもキッチリ増しじめ。




で、これらの点検をしてもらったプロに、何で下りの高速域でホイール振れが起きたのか?と聞いたところ、いろんな見解がでてきましたので、さらっとご紹介をします。

実際のところ、何が原因かよく分からないという感じだったんで、今後の参考になればっていう程度でお読み下さい。


・ バイクのフォークがストレートだとそういうケースがある
・ バイクの剛性不足?
・ フロント荷重だと考えられる(実際、この時の装備はブルベ仕様で、フロントに荷物満載)
・ ホイールのバランス(チューブのバルブによる偏荷重)が影響するかも

などなど、いろんなご意見がありました。




で、とりあえず、この中の意見の中のできる対策はやっておこうということで、ホイールの偏荷重をとる事にチャレンジしました(^^)



3.ホイールの偏荷重取り


こちらが、チャレンジ前の後輪ホイール
Cimg2137

みての通りサイコンマグネットがバルブに近いとこについてます。

なので、バルブの対角に付け直し、重量バランスをとるようにしました。
Cimg2138

これで、すっごくバランスが取れると自転車屋さんが言っていましたよ。





そして、お次は前輪。

前輪にはサイコンマグネットがないので、こんなものでバランスをとるようにしました。
Cimg2144_2

ゴルフショップを2軒回って、やっと見つけましたよw


自転車屋さんが言うには、バルブの重さは約3gなんで、この重りを3gになるようにカットして、バルブの対角にちょいちょいと貼り付けたらスッゴク安定するよって。


なので、こんな感じで貼ってみましたw
Cimg2148

せっかくの軽量MAVICが重くなっちゃったけど、命にかかわるホイール振れがこれでなくなるかもしれないのなら、しょうがないよねw



ということで、以上により出来うる処置はすべて完了。





このおかげか、それともたまたまなのか分かりませんが、この処置以降走った600kmでは、特に問題ありませんでした。


このままずーと、安全に走れたらいいですね(^^)








ホイール対策おつかれさまー! と思われましたら、応援のクリックをお願いします。

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

             




          

2013年5月28日 (火)

凶悪メンバーと元気村に元気を吸い取られに逝きました(^^;

こんばんは。

先週の土日はスッゴクいいお天気でしたね。


いつも晴れてばかりなので、またもや日焼けを加算してしまい、かなり腕が黒くなりました(^^)

でも、そんないい天気も今日から梅雨入りなんで、先週末みたいな週末はしばらくないんだろうな~。



ということで、最高の天気の中で土日の2日間とも、こっそりとポタを楽しんできました。
両日とも、久しぶりのMBKでね(^^)
Cimg2251


行った先は、
25日(土)は、一人でくらがり渓谷経由の三河湾ライド。

26日(日)は、ブルベ600反省会前走行会でみんなで旭高原元気村ライド。



おかげで、かなりくたびれました。

特に26日のライドは、SRな方がいっぱいいたので、かなり楽しかったキツかったですよ。



ということで、今日は26日のみんなで走った記事を簡単に書きます(^^)


走ったコースはコチラ

そして、この日のライドの参加者は、
リーフ集合組が、管理人、ハンガーノックン、ちょいメタボ君、トシ君、がくさん、風磨堂さん
柳ケ瀬公園集合組が、写楽さん、恵壱さん
平戸橋集合組が、MaSaさん

の計9人でした。
内6人がSRって、結構凶悪なメンバーだな~(汗)




集合は7:00に安城のリーフさん。
ご存知がくさんのお店です。

家が割と近いめばるーずのみんなは自走ですが、リーフさんが自宅から約40kmほどある風磨堂さんは車でトランポ。

なので到着して自転車を車から降ろすなどしていた風磨堂さん。
すると突然「あーーーーーーーー(ToT)」と。




どした、どしたと聞いてみると、
Cimg2253

「シューズ忘れた(爆) 」と・・・



ちょw
やっちゃいましたかww




でも、まあこれはお約束なんで、「そのまま走れば~(  ̄▽ ̄)」と思いましたが、

(今年の静岡ブルベ300km 獲得標高5000mをSPDーSLにスニーカーで完走した漢も身近にいたのでww)


なんと、この日の待ち合わせ場所は、偶然にも自転車ショップ「Lief」さんの駐車場。
そして、このショップのオーナーが、がくさんなんで、ここでシューズとペダルを何とか調達することが出来ましたw
Cimg2255

がくさんのシューズを前にどちらにしようか悩む風磨堂さんw



結局、がくさんのシューズをお借りし、がくさんの愛車のクオータ ケベルからSPDーSLペダルを外して風磨堂さんのバイクに付け替え、走れる状態にしました(^^)
(なんと、風魔堂さんは剛脚愛用のスピプレ使いでしたので)


いやー、朝からペダル交換でいい汗かいたわw
(風磨堂さんは多分冷や汗でしたけどww)




ここからは、ブルベスタート地点の柳ケ瀬公園に行き、写楽さんと恵壱さんを捕獲。
そして、さらに進んだ先の平戸橋のたもとで、MaSaさんを捕獲。
(替りにここで、がくさんが仕事のためにお帰り)

がくさん、ありがとうございました。
シューズとペダルだけ山に連れて行きますのでww
Cimg2262

あと、気が付けば、なぜか集団が一人増えてる?
どうやら、途中で一般ローディーを吸収していたみたいで(驚) 
(あとで知りましたが、かなりの剛脚さんでしたよ・・・)


というわけで、ここからは、
当初のライドメンバー+名も知らぬ剛脚1名で目的地の元気村を目指しましたw





途中、ショップの列車(8~9人)に抜かれたんで、ついつい無賃乗車したりとか、
ハンガーノックンの平地爆走に魂を抜かれかけたりしながら・・・

それと、途中合流の方もかなりいいペースで先頭を牽いてくれましたw
(聞けば、乗鞍1時間切りの入賞経験のある激速のクライマーさんでしたよ(驚)  )
Cimg2263




そんなこんなでかなり脚を削られ、いつもの小渡Kに到着。
Cimg2267

すでに汗だくの腹へだったんで、こんなもので補給を。
少しだけ回復できたかなw




で、気がついたら、旭高原元気村TTのスタート地点。
Cimg2269

Cimg2270

くだんの剛脚さんに、この坂は平均8%のキッツイ坂ですよ。
と説明したら、
剛脚さんは「そいつは、よだれがでますね」って(驚) 

やっぱり、坂バカ剛脚の思考はちょっとオカシイな~ww




そんな訳で、この日は早い人がほとんどだったんで、みんなが写真を撮ってるすきにこっそりと走り出しました(笑)

でないと、一番にゴールできないからねw



とは言うものの、実際は、MaSaさん、風磨堂さん、ちょいメタボ君に続く4番手スタート。
さー、今日はどんなヒルクラになることやらw

そんな気合はありましたが、
スタート地点から始まる8%超の坂が来た瞬間に、ギアをファイナルローにガチャガチャっと(ToT)

やっぱり、ノーマルクランクはキツイな~(号泣)




それでも、えっちらおっちらと上り、1km付近でちょいメタボ君をパス。

その後も、同様の走りで2.5km付近で風磨堂さんをギリギリパス。



そして最後は、一番最初にスタートしたMaSaさんに何とか追いつく。

でも、なかなか抜けない。
去年ここに一緒に来た時は簡単に抜けたのに、いつの間に鍛えていたんだよ!と思いながら、抜くチャンスを伺うw



で、スタートから4.8kmぐらい走ったゴールまで数百メートル地点の急勾配がゆるくなる場所で、一気にギアを掛けて華麗に抜くww

いやー、大人気ないけど狙ってました(  ̄▽ ̄)





こうやって書くと、なんだか早そうに思えますが、実際は10分後スタートの恵一さん、乗鞍一時間切りさんに追いつかれていますし、写楽さんのタイムよりも遅いです(爆) 


うーーん、最近の管理人はスプリンターに転向なのかな?ww
Cimg2274


この後は、みんなの登頂を待って下山し、行きに寄った小渡Kでガリガリ君休憩をして、お昼ご飯を食べに。

向かったのは、小渡Kから30分ぐらい下った場所にある川澄屋さん。
Cimg2283

やまの中の洋食屋さんですが、メニュー豊富、料金も普通なんで、ナイショですがオススメかと(^^)

また今度も行こっとw




そして、14時 スタート地点にLiefさんに到着。

みなさん、お疲れさまでした。




また、途中から合流の乗鞍一時間切りさん(カトーさん)もいっぱい前を牽いていただきありがとうございました。
まさに自転車のとりもつご縁ですね。また、よろしくお願いします。






ということで、時間は早いけどこの日のライドはお開き。

だって、夕方の17時から、このメンバーで反省会を某所でしないと行けないからね(爆) 


さっ、早く家に帰って着替えて、電車で行こっと。
家に帰ったら、予備水を少し入れて逃げを決めないといけないからね(核爆) 









昼も夜もおつかれー! と思われましたら、応援のクリックをお願いします。

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

             




          

2013年5月26日 (日)

2週連続のブルベ600km後記

今日は、2週連続で走ったブルベ600kmの後期をツラツラと綴りたいと思います。

5月初旬のブルベは昼と夜の寒暖差がかなりあったので、実際に管理人がどんな装備で乗り切ったかを記事にしますね。

まぁ、来年の覚えになるんで自分のための記事ですけど(笑)





まずは、5月11日~12日の京都ブルベ600.

スタートしてすぐの道路に設置されている気温計が16℃。
そして、ここから夕方までに見たすべての気温計が16℃(驚)
実に12時間もの間16℃固定でした。


で、この日の格好は、

・ 半袖ジャージ
・ アームウォーマ
・ 半レーパン
・ レッグウォーマ
・ 指切りグローブ

そしてなぜかカッパ(爆) 

こんな感じで終日過ごしました。
えー、カッパが必要な時間帯(スタートから16時)は、上りはちょうど良いけど、下りが激寒と言った感じで・・・

で、夕方になってカッパが不要になってからは、日が落ちて気温が下がるのを見越して
カッパの代わりに
・ ウインブレ を着たらちょうど良かったな~。


そして、日が落ちたら、気温は一気に低下。
また、このコースはこの時間帯から標高700mぐらいの九頭竜湖に上るので、気温はぐんぐん低下(汗)

確か最低気温は7℃ぐらいまで下がったかな。


なので、夕食の時のラーメン屋さんで、夜の寒さを見込んで
・ アンダーアーマーメタルコールドギア を着足し
・ 秋冬用グローブ+インナーグローブ をはめて

防寒対策を実施。

おかげで、ここから始まったさっぶい7℃も普通に耐えれました(^^)


そして、この翌日は晴天だったので、着ている物を順に脱いでいき

気がついたら、

・ 半袖ジャージ
・ 半レーパン  のみに(笑)


おかげで、日焼けMAXでした。





ちなみに管理人の寒さ調整用のグッズは、すべてパールイズミですよ(笑)

(パールイズミ)PEARL IZUMI アーム ウォーマ 405 1 ブラック L

(パールイズミ)PEARL IZUMI レッグ ウォーマ 410 1 ブラック L

(パールイズミ)PEARL IZUMI メンズ ウィンド ブレーカー 2383 2 ホワイト L













そして、お次は5月18日~19日の名古屋ブルベ。

この日は晴れブルベだったんですが、前週の京都ブルベと同じで昼と夜の寒暖差がスゴかった。

なので、どんな格好で乗り切ったかを記します。


スタート時は京都と同じ格好の

・ 半袖ジャージ
・ アームウォーマ
・ 半レーパン
・ レッグウォーマ
・ 指切りグローブ

でも、前の週と違い、晴れていたので走り出したらすぐに暑くなるw

実際、この日は朝8時の段階で気温が20℃を超えてたからね~。


なので、最初のPCでアームウォーマとレッグウォーマを取りましたよ。
こんな感じで調整できるんで、重宝できるウエアーですね。


なお、この日の夜は、気温が10℃を下回らなかったので、メタルコールドギアと秋冬用グローブは用意したのにかかわらず使いませんでした。


つまり、10℃あるかないかで、この辺の装備を使うか否かが決まるのかと。




以上、ウエアーの使用状況の記事は終わり。

来年はこの記事を読んで、服装を準備しよっとな(笑)






はっ、そういえば、管理人の使っているアームウオーマとレッグウォーマとウインドブレーカーは買ってから4年以上使ってるぞ(笑)

そろそろ新しいのを買わんとイカンかな~(^^)

またも物欲がフツフツと発生しましたw ヤバイヤバイww







ウエアーのレポおつかれー! と思われましたら、応援のクリックをお願いします。

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

             




          

2013年5月24日 (金)

BRM518名古屋600後編 2年越しのゴールへ

こんばんは。

今日は前回記事の続きになります。
一気にゴールまで書き進めたたいと思いますので、時間がありましたらお付き合い下さいませ。

管理人のコースログはこちら

この時点で一緒に走っているのは、ちょいメタボ君、秀さん、風磨堂さんと管理人の4人です。



PC3~PC4


PC3を超えてしばらく走った305km地点付近の中華料理屋で晩ごはんをがっつりと食べた後は、どこでお風呂に入って仮眠をしようか~? と考えながらPC4に向かう。
多治見の街を超え、往路に走ったけどすっかり忘れていた瀬戸の長い坂道を重たいお腹を抱えてヒーヒーと上り、豊田市入り。

ここで考えたのは、345km地点付近にあるAM3時までやっている湯とそこより10kmほど先の355km地点付近にあってAM2時までしかやっていない湯のどちらに行こうかと。

この時の時間は、21時過ぎ。
そして、湯の後にくる365km地点のPC4のクローズ時間はAM5時。
なので、どちらでも楽勝に間に合うのですが、貯金は多めの方が良いよねってことで、355km付近のAM2時までの温泉に行くことに。

その旨を同行しているみんなに説明すると、ご一緒して下さるとのこと。
ただ秀さんだけは、「本当はコンビニの駐車場で寝たかったな~」と意味不明の事を言っていましたがw 変態の気持ちは理解できませんねww


おいでんの湯 355km地点付近(22:05~2:05)
Cimg2221

駐輪場で自転車を止めたら直ぐに、直前のコンビニで買った仮眠誘発薬を一気飲み(爆) 
店内で買うと高くつくので、お金のかかるブルべで安くしっかりと仮眠するためにはこの方法が一番かな~ってw


ここでは、脚をマッサージしつつ、ゆっくりと湯につかれたので、かなり疲労が回復したかと。
また、汗も流せてさっぱりしたし、畳の上で2時間ほど仮眠できたんで後半へ向けての英気もしっかりと養えました(^^)/



2:35 PC4 364km地点(2:35~2:55)

こんな深夜のコンビニにいるのはブルベストのみ。
管理人一行が到着した時は2名いて、買い物を終えた頃にまた違う2名が来て・・・

そう言えば一年前のブルベではここで横になって寝ている人をみたよ。とみんなに話していたら、ちょうど来た人が「それ、僕ですw」って。
タイミングが良すぎてビックリしましたww


このPCの近くにスタート場所の豊田柳ケ瀬公園があるので、風磨堂さんはここまで背負っていたバックパックを置きに行くとのこと。
そんな風磨堂さんに先行してもらってから、ゆっくりとPC4を出発。

そして風磨堂さんと無事合流したら、240km先のゴールを目指して再び4人で走行。
ここからしばらくは、名古屋200、名古屋300で走ったのと同じ道で浜名湖の弁天まで。

なのでまったりと走れるかな~と思ったけど、ここからはバックパックを置いて軽量化した風磨堂さんの鬼牽きがスタート。

あの~、さっきまで背負ってたバックパックは修行用の砂が詰まってたんじゃ?
と疑うほどの鬼牽きでしたよ。
まあ、富士HCに参加する剛脚なんで、当たり前の牽きといえば、そうなんですが。



そんな鬼牽きタイムが終わると、管理人のお腹が「グーーー」とナイスなメロディーを奏でるw
ようするに、「腹へった」と。(爆) 


うーん、なんでこんなにすぐ腹がへるんだろうね?


と言うことで、急遽コンビニにピットイン。



ローソン 395km付近(4:35~4:55)
Cimg2224

この辺りで、ようやく空がしらじらとしてきましたよ。

なおここでは、コンビニ夜食(朝ごはん?)の定番の日清カレーヌードルを投入。
それと、おにぎり一個もプラスして食べるw
もしかして、食べ過ぎかなーと思いながら(^^;



ローソンを出てすぐの頃、「おー、朝焼けだ。今日の天気はどうなんだ?」と思っていたら、
Cimg2225

スタートして直ぐに別れた写楽さんと、PC3で別れたがくさんの二人列車に「おはよー。」と追い越される(驚) 


まさか、400km地点で追い越されるとは(驚)
結局は脚が良く似てるってこと?


ここからしばらくは6人パックで走行。
途中、写楽さんとがくさんがコンビニ離脱するまでは。




PC5 420km地点(6:10~6:30)

ここでは眠気覚ましのホットコーヒーとエクレアを購入。
ここサンクスのエクレアはセブンイレブンのエクレアよりおいしいぞ(^^)
やっぱりエクレアはカスタードクリームだと再認識しましたw


さ、補給も出来たのでいざ出発と思ったら、ちょうどここへ写楽さんとがくさんが到着。
Cimg2229

さっき休憩っていって離脱したのに合流が早すぎ(驚) 
つまり、剛脚認定でOK?



PC5からは、ちょいっと上って、ガーーーと下る道。
おなじみのルートなので、さっさと進めば良いのに、なぜか途中で自販機休憩(笑)
Cimg2232

あのー、こんなとこでまったりしてたら、また写楽さんとがくさんに抜かれるよww




PC6 466km地点(8:25~9:00)
Cimg2237

このPCはおなじみの浜名湖弁天PC。
いつもは爆風だけど、この日は風が弱かったな~w


で、ここでは、こんな朝ごはんを食べる。
Cimg2235

はい、今ライド初の焼きそば(笑)
うどん、スパゲッティ、ラーメンは既にだんしてるんで、本能で焼きそばにいきましたよww

そう言えば、このPCを出発する時、PC5と同じで写楽さんとがくさんが到着してたなー。
ホント脚がよく似ていますねw




PC6をスタートすると、去年管理人が事故にあってDNFした場所まであと少し。
PC6からは、ちょいメタボ君に前を牽いてもらい安全に走っていましたが、去年の事故ポイントに近づくにつれ、なんだか眠いぞ。。。

そして、先頭を走るちょいメタボ君もなんだかキツそうだ。

いつもだったら、眠気覚ましに先頭を替わるのですが、なんだかイヤな感じがしたので、この日はそのまま後ろに付くことに。
さすがに今日は、ブルベの魔物はいないよね、と思いながら・・・


で、そんな硬直した状態でしたが、つつがなく事故ポイントを無事クリアー(嬉)


当初の計画では、お塩をまいて厄払いと思っていましたが、無事にクリアーできただけで、満足満足でした。



さ、2年越しの呪縛が溶けたら、あとはちゃっちゃとゴールに向かうだけ。
なので、ここからは先頭にでて、まったりと走らさせて頂きましたw





最後PCのPC7 520km地点(11:20~11:55)
P1050474

ゴールまであと少しと言うことで、気を許してハロハロを食べてくつろいでいたら、写楽さんとがくさんに捕獲されてしまいましたw



ということで、時間も時間だったんでみんなでお昼ご飯を食べることに(^^)

渥美半島どんぶり街道参加店の福壽庵「三河ポークの豚玉丼」@800
Cimg2245

うまっ、そして量多っ(満足)

あの~、こんなにいっぱい食べてていいんでしょうかww






この後は、鬼牽きする秀さん(まったりジャージに偽りあり)を諭すべく、管理人が先頭にでて集団をゆっくりとコントロール。


途中、なぜかみんながコンビニによると言うので、管理人もそこでウインブレを着てゴールを目指す。
はて、なんでみんなコンビニに寄ったんだろう。
天気は晴れで問題ないのにww





さ、このコンビニからはあと40kmでゴールですよ~。

ということで、いつもなら渋滞中の車の横の狭い路肩をガーーと抜けるんだけど、
ここからは、渋滞車両の横を走るのではなく、いつもは走らない歩道を安全に走行。

それもこれも、この600を無事完走するため。
少々時間はかかっても、安全第一で走らなければね。





ゴール 603km地点(16:xx)
Dsc00001

ついに感度のゴールラインを走破。

言葉を変えれば、2年越しのゴールに到着。




スタッフの待つ東屋に着くと、スタッフみんながスタンディングオベーションでお出迎え。
200、300、400のゴール時はこんなお出迎え無かったな~と思いながら、かなり感動。


そして、ブルべカードと各PCのレシートを提出。
ブルベカードにサインをして、メダル欄のOui欄にレ点を付けて1000円をお渡ししたら、今回の600と今年の名古屋ブルベは終了。

何だか一人で感動しましたw



そして最後の記念撮影。
P1050493

何故か、ジャージの一般人が混ざってますが、雨嫌いの貧脚なんでご勘弁をw






最後に、今年の名古屋ブルベを支えてくださったスタッフの皆様方。
ホントありがとうございました。
P1050496

また来年も参加させて頂きたいと思います(^^)








2週連続の600kmおつかれさまー!と思われましたら、応援のクリックをお願いします。

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

             




          

2013年5月22日 (水)

BRM518名古屋600前編 晩ごはんまで

こんばんは。

今日は先週の5月18日~19日にかけて走ったブルべ600の走行記を記事にします。


今週こそ簡単にまとめますので、おヒマだったらお付き合い下さい。





参加したブルベはコチラ

走行ログはコチラ
(ログは途中のフリーズで途中おかしくなってしまいましたが・・・)





5月18日(土)

4:30 スタート場所に集合
Dsc04796

今週もいっぱい見知った顔がいます。


今回終始、ご一緒していただいたのは、

ちょいメタボ君  先週雨の中部400を完走したばかりの剛脚
秀さん       先週自己新を塗り替える知多5を達成したばかりの変態
風磨堂さん    先週雨の中部400を完走したばかりの剛脚

の3名。(こうやって見ると剛脚(一人変態)ばかりじゃないですか(驚)  )


そして、ほぼご一緒して頂いたのは、

がくさん     御年50超えにもかかわらずブルべ600kmに参加する剛脚
写楽さん     理論派ブルベストでブロンプトン乗りの剛脚

の2名。(こちらも剛脚ばかりだな~)



そして、いつも名古屋ブルべでご一緒な

恵壱さん。    先日キャノンボール(大阪→東京550km 24時間切り)を達成した超剛脚
りょうさん     先週雨の京都600を完走したばかりの剛脚
おかヤスさん。 いつも名古屋ブルベでお会いする剛脚

ほんと、600を走ろうと思う人は、剛脚(一人変態)な人ばかりだね(笑)

なので、一般人な管理人はスタート時のブリーフィングでは浮きまくっていましたよ。。。






スタート~PC1


ブリーフィングを済まし、車検を済ましたら、流れスタート。
本当は5時スタートだったけど、みんな10分前には出ちゃったかな。
でも、管理人は支度が遅かったので、4時54分に少しフライングでスタート。

スタートしてしばらくは、豊田、瀬戸を抜ける市街地。
なので、信号待ちで参加者が合流するので、そんなに頑張っても早く走れない。
ということで、いつも通りまったりと走りましたよ。



スタートして15分後。
最後尾よりスタートして最速ラップを狙う恵壱さんに、軽くパスされる。
あの~、早すぎなんですが。。。


その後しばらくしたら、一緒に走っていた写楽さんが道端のトイレにエスケープ。
なので、ここからはこの時点で一緒にいた、ちょいメタボ君、秀さん、風磨堂さん、がくさんと管理人の5人で先に進みました。



瀬戸の市街地を超えたら、岐阜県入り。
R248は土曜日なのに、大型車が多く走りにくかったな~。

多治見、可児の市街では、帰りに寄るであろう飲食店を走りながらチェック。
右や左をキョロキョロして走行。
結論は、可児市街はラーメン屋が多いので帰りはここで晩飯を食べようとw



赤い橋を超え右折し、R41に入ると、とたんに信号が減って走りやすい道に。
風向きも追い風基調だったんで、上り勾配だったけど走りやすかったかな。


途中「飛水峡」と呼ばれる峡谷の横を通ったので、記念にパチリ。
Cimg2169

写真の場所は普通ですが、この手前はかなりの絶景でしたよ。
今度時間があったら、ゆっくり見に行きたいものです(^^)





PC1の手前では、スタッフによる参加者の撮影があって、
Img_6030

秀さんと一緒にいるところをとってもらいました。
写真では並んでますが、本当は上り勾配のため、一生懸命並走している状況ですよ(^^;




PC1 91km地点(8:45~9:00)
Cimg2171
写真は本文とは関係ありませんw


管理人がここで食べたのは、カレーサンドのみ。
朝3:00に牛丼、ここまでの道中におにぎりを2個食べてるんで、まあこんなもんでしょw
それと、この後にお昼ゴハンを食べるからね(^^)


PC1からは飛騨高山をめざず。
上り基調だけど先ほどと同じで基本追い風の中。
なので、割といいペースで走れたかな~。


三原からはR41を外れ並行するK88へ。
この道は車が少なくていいんだけど、旧道なのかアップダウンが多め。
結構、ここで脚を使っちゃったかも。
Cimg2185


この後、再びR41に合流したら、沿道にある「道の駅なぎさ」でお昼ごはん(嬉)



道の駅なぎさ 160km地点 11:40~12:15


まあ、このために走っているのかとw
ここで食べたのは、カレーうどん+ごはんセット@950
Cimg2192

白ごはんを頼んだら、なぜかみそ汁も一緒にきましたw
でも塩分が補給できたんで、まあいっかww




お腹が膨れた一行は、飛騨高山の折り返し地点に向かって再スタート。

スタートしてすぐ、前方からブルベストを来た恵壱さんが現れる。

「早っ! もう折り返してきたの?」


この場所は162km地点で、すれ違いの時刻は12:20。
計算してみると、スタートから7時間20分で距離差が約40kmつきました(驚) 

さすが、キャノボ達成のブルベスト。
この先のファストラップに期待ですね。




この後もまったりと高山を目指す管理人。
途中このブルべ一の宮峠(標高782m)もまったりと上る。

でも追い風だったんで、まったり出来たんであって、普段だったらヒーヒーですけど。。。
Img_6313

なぜか満足気な顔で上っている管理人。
ホントは坂がキライなんで勘違いしないでねw


スタッフさんにこの写真を撮られた後、頂上の写真を撮ろうとカメラを出したら、ちょうどそこに、高山を折り返してきたりょうさんが通過(驚) 

時刻は12:40。爆速の恵壱さんの20分遅れ。
Cimg2197

あのー、なんでそんなに早いんですか。。

おかげで、頂上の写真を撮りそびれちゃったよ(爆)



ここからは、下り基調で折り返しのPC2に向かう。
途中後ろを振り返ったら、ちょいメタボ君がいないよ(^^;

聞けば、一人で市内のパン屋に寄ってパンを買っていたとのこと(笑)
あの~、どんだけ食いしん坊なんですかw



PC2 182km地点(13:05~13:30)
Cimg2200

ここでは、まだお腹いっぱいだったんで、2週連続のガリガリ君キウイを投入。

このアイスは、かなりおいしいんで、今夏はくせになっちゃうな~(^^)






PC2~PC3


PC2は折り返しの場所なんで、ここからは来た道を走ってスタート地点近くに戻る。
でも、行きが追い風だったんで、帰りは向かい風なのか・・・(^^;

まずは行きに上った宮峠をやっつけて、峠からのダウンヒルを堪能。



そのダウンヒル中に、ちょいメタボ君が何故か路肩に寄って緊急停止。

何?どした?? と思ったら、そこはなぜか団子屋(笑)



団子休憩 14:20~14:35
Cimg2208

Cimg2211

聞けば、行きの時から気になってしょうが無かったとのこと。


ならば、お付き合いしましょうとばかり、管理人も「ソフトクリームと団子2本」を補給。

団子は1本45円と安かったので、またここに買いにこよっかな~(爆)




補給後は、下り基調なれど向かい風の道を走る。
この団子屋からは、ちょいメタボ君と秀さんと風磨堂さんの4人で。

ここからは、4人でローテンションしながら走ったけど、途中風磨堂さんの牽きが早すぎて管理人は思わず千切れてしまいました(^^;

さすが、2週間後に富士HCに出る剛脚の牽きはキツいわw
ぜひとも見習いたいものです。




PC3 272km地点(17:05~17:40 手前のトイレ休憩含む)


PC3到着前に、1km手前の道の駅白川でフライングのトイレ休憩。
先週中部400で同じ道を走ったちょいメタボ君と風磨堂さんの提案で、トイレが広くてキレイなここに寄ろうと。

ここでは、10分ほどトイレ休憩をして、1km先のPC3に向かいましたよw


で、このPCでおやつのスパゲティを食べる。
Cimg2214

やっぱり、おやつはスパゲティだね~ww




でも、スパゲティは消化が良すぎ。
このPCを出発して、5分で腹へったを連発して走っていましたよ(^^;



そんな腹減りも、行きに目星を付けていた中華料理屋まで。
到着時は、店内に人が1組しかいなかったので、大丈夫か?と思いましたが、意を決して店内に入り注文すると、その心配は杞憂だったようで。


680円で天津ラーメン+にんにく入りチャーハンセットが食べれました(^^)
Cimg2217

Cimg2219

味の方もおいしくて、満足満足w



いやーブルベって美味しくて楽しいですね(違)









食べ過ぎおつかれー!と思われましたら、応援のクリックをお願いします。

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 

             




          

2013年5月20日 (月)

【速報】BRM518名古屋600(ナイショでしたが2週連続の600でした(爆) )

こんばんは。

週末はコッソリ2週連続のブルべ600kmに参加したきたので、今現在体が重くて重くてしょうがありません。

参加したのは、ランドヌール名古屋さんが主催した、「BRM518名古屋600 丘と海コース」



まずは、スタッフのみなさん、参加者のみなさん、そして暖かい応援をしてくれたみなさんと管理人を笑って送り出してくれた家族のみんな。

いろいろとありがとうございました。心からお礼申し上げます。






今回参加したブルべは、去年車にはねられDNFになったブルべ だったんで、そのリベンジというかなんとしてもこのコースを完走したいと言う気持ちが強かったので、2週連続にもかかわらず(後半の雨模様の天気予報にもかかわらず)、頑張って参加しました。



そんななか走った結果は、おかげ様の完走!!






今後、今回の記事詳細をコツコツ書いていきますので、気長にお待ち下さい。

と言っても、コース自体は去年と一緒で代わり映えしないので、多分補給中心の記事になってしまいますけどねw







最後に、

ゴールした時にスタッフのみんな(といっても5人ぐらいでしたけど)、立ち上がって拍手で迎えてくれたのは嬉しかったな~(嬉涙)

去年はこの拍手が無かったんで・・・


ということで、来年もこの拍手をいただくために頑張って走ります。










自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 

             




          

2013年5月18日 (土)

BRM511京都600 後編 (そして感動のゴールへ)

今記事もブルベ記事の続編になりますので、ご了承を。



こんなコースを長々と走ったブルベも今記事でフィナーレを迎えるはずですw





あてにしていた自販機で水分の補充ができなかったけど、夜で寒いので(この時の気温は7℃ぐらい^^;)水分補給は無くてもいいよね!と前向きに考え先へ進む。



3:00 PC5の九頭竜キャンプ場を出発。

スタートからここまで一緒に走っていてくれたりょうさんも一緒に出発しました。



スタートしてすぐ、管理人の息遣いは。「はぁはぁ。。。。」

要するに、またも上り坂でした(泣)





なので、ファイナルでまったりと走っていたら、岡山のグルメブルベスト大阪のダンナさん にサクッと抜かれました・・・


でも、抜かれっぱなしは悔しいので、頑張って追いかけ一緒に走る。



で、気が付けばPC5から続く上り坂も終了。

さっ、この上りをやっつけたら、あとは下るだけですよー(^^)





乾いた路面をビューンと下り、イヤッホーと走っていたら、EDGE500がピッと鳴る。
(管理人のEDGEは曲がる交差点の辺りで音がなるように設定しています)



が、グルメブルベストはビューンと下り一直線w

どうやら達人もミスコースするのねww




ここからは、R156を下って岐阜に向かう。

普段なら、下り基調の道なんで、楽に走れるとこなんですが、


あいにく、この日は何故か南風が強く下りなのに前に進まない(泣)

さらに、岐阜県全域に濃霧警報がでていて、一寸先は闇の状態・・・




あの~、昨日の5時にスタートしてから、楽しく走れるシチュエーションがないんですけど(^^;

やっぱり、ブルベは過酷だわ。




4:05 第3通過チェック
Cimg2079

またも、おにぎりを食べるw

ほんと、どんだけおにぎり好きなんだとww




ここからは、りょうさん、グルメブルベスト、ダンナさんの4人パックで次のPC6を目指しましたが、先頭のりょうさんが眠気覚ましの爆走をしたため、みんな千切れてしまいました(^^;

400km近い地点で爆走するのはヤメテーーーw




途中、夜が明け明るくなったら、この日は雲ひとつない晴天。
Cimg2098

まっ、いつものことですけどねww





5:45 PC6(420km地点 スタートから24時間45分)
Cimg2099

ここでは、ホットコーヒーだけを飲んだら出発。

なお、眠気MAXのりょうさんは仮眠をすると言って寝に行ったんで、ここからは一人旅の始まりです。





となると、とうぜんまったり走りしかできないよ(^^;

つまり、下り基調なのに時速25kmほどでポタポタと(爆) 



でも、おかげでイロイロと写真が撮れました(^^)
Cimg2100


Cimg2103

ホントにいいお天気でしたね^^



で、この写真の場所から少し走り、忠節橋を超えたら、進路を西向きに取るルートに。


すると、なんだか激向かい風が吹き荒れ中(泣)
(もしかして、これが伊吹おろしなのか??)


つまり、一生懸命ペダルを漕いでも、時速15kmくらい出ませんが(号泣)





なので、自虐的な貧脚自転車乗りの歌(適当に歌うだけですけど(爆) )を歌いながら、西に向かって走行♪


「ぼーくは貧脚。だから、すすまないー♪」ってね。




10分後、あまりの爆風にめげて、ふと目に入ったすき家にピットイン(笑)

朝ごはんを食べてないんで貧脚なのかな~と思いつつ。
Cimg2105

ここでは、卵かけごはん大盛り@230を食べてしまいましたww
でもこの値段って安いっすよね。




ごはんを食べ終り店からでて出発の支度をしてたら、ちょうど仮眠後の爆走をしていたりょうさんに捕獲され・・・(驚) 

あのー、どんだけ剛脚なんですか?




ということで、またもここから二人パックで走行。


なお、お腹が膨れても貧脚が改善されなかったことは言うまでもありませんね(爆) 






この後は、上り坂のトンネルを歩道走行でクリアーし、(かなりしんどいトンネルでした)

その後も、超爆風の向かい風を泣きながら走行。




そして、R21のローソンを中に入ると、

京都ブルべでおなじみの関ヶ原合戦場跡にでるw
Cimg2107

今回はクイズポイントじゃないですが、条件反射で撮影しましたw

ちなみに、あまりの爆風でバイクが自立しませんでしたので、りょうさんによってバイクを支えてもらっていますww









この後、速報でお伝えした、下り坂で落車の恐怖を味わった場所を通過して、
びわ湖湖畔にでて、

しばらく走ると



10:35 PC7(500km地点 スタートから29時間35分)
Cimg2110

よくわかりませんが、こんなん食べていましたw



ちなみに、ここには今回スタッフ業務をしているPBP走破の剛脚夫妻がいましたんで、しばし情報交換なぞ。

まっ、内容はお昼はどこがいいのかな~なんですが(爆) 





しばしの情報交換後、再び旅立つ管理人とりょうさん。
Dsc_4973





1時間後、道にアレコレ迷って、彦根にある昼ごはんの地に着いたけど、
Cimg2112

店の外まで、行列が出来てるよ_| ̄|○ il||li




なので、この店を諦めて近くのラーメン屋に。
Cimg2113

ネギ増しでいっときましたw
ここはチェーン店でしたが、まあまあおいしかったので、良かったかなーと(^^)





この後は、ケツ痛ーい、手のひら痛ーい、足回らなーいの状態でりょうさんに引きずられて走り、




14:10 PC8(557km地点 スタートから33時間10分経過)
Cimg2117

ガリガリ君キウイを食べてクールダウン。
この頃は、気温が25℃を超えていたので、アッツいアッツいという状態だったので^^;





そしてびわ湖南部の渋滞地帯を抜けたら(抜ける過程でイロイロ(りょうさんに)ありましたが・・・)、


ぽたぽたとペダルを回し続けていたら、やっと、最後の通過チェックのファミマに到着。





すると、なんと言うことでしょう(ビフォーアフター風に)





この場所に、この週末、雨を降らすだけ降らして自分だけDNSした京都の雨魔神さん がお出迎えしているじゃないですかw
Cimg2119


なので、思わず「なんで雨降らして、DNSしてんだ(`Δ´)」と詰め寄ってしまいましたよw



でもまあ、はるばる京都から来て、ここでお迎えしてくれた事に免じて許してあげましょw

ホント、管理人は大人だな~






ここでしばし雨魔神ちゃんと情報交換後、疲れた体にムチ売ってりょうさんと二人でゴールを目指す。



疲れ過ぎのため、心拍上がらず、まったく回らない足で宇治川沿いの道をポタポタとですが・・・
Cimg2129

この宇治川沿いは嫌がらせのように設置された、合計10個ほどの片側交互信号がキツかったな~。


そして、この宇治川後も嫌がらせのような上りかなりキツかったです。。。

なので、あと少し、あと少しと唱えながら走りました。






そんな状態の中、上り基調のアップダウンをこなしたら、



17:30頃 感動のゴーーール(603km地点 37時間切りですよ)







いやー、おかげさまで2年ぶりに600kmを完走できました。

つまり、昨年完走できなかった雪辱をリベンジできたので、管理人的にはかなり感動のゴールでした。



ウワサでは、ゴールの瞬間に涙が出たとかでていないとかww










この後、ゴール受付をして、2年ぶりの600kmのメダルをお願いしたら今回のブルべは終了。
(なお、去年のDNFから時が止まっていたので、その時以来のメダル申請をしましたねw)






この後は、取り急ぎ買った缶ビールをキュッと飲んで、受付場所の施設で風呂に入って、車で仮眠後、自宅に向けて出発。




でも、さすがに仮眠少なめだったので、途中の名神高速草津SAでかなり爆睡の車中泊。


だって、家に安全に帰るまでがブルべですからねw

ということで、全3部に渡って長々と書いたブルべ600mp記事を終わりたいと思います。
ここまでお読み頂きありがとうございました(^^)








ブルべ3部作を書き終えて満足満足の管理人に記事アップおつかれさまー!
と思いましたら、応援のポチっをお願いします。

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

なお、この記事がアップされたこの瞬間もこっそり晴れブルベを走っているかもしれませんので、次回時期もお楽しみに~w
             




          

2013年5月16日 (木)

BRM511京都600 中編 (九頭竜湖の上りはイヤすぎるよ。。。)

今日は、ブルベの続き記事です。

前記事が気になる方は、探して読んでから当記事を読むといいかもしれませんね。



だって、こんな長距離ブルベなので流れというものがありますので( ̄▽ ̄)








PC3でおやつのスパゲティだけを食し、次なるミッションの「東尋坊タワーとバイクを一緒に撮影せよ」に向かう管理人。


朝のブリーフィングで、夜になったら高感度カメラで撮ってくださいって言ってたけど、管理人はそんなの持っていない(汗)



なので、頑張って漕いで走ります。






そう言えば、この頃から福井県の海岸線がようやく福井県らしくキレイになってきました。
さらに、路面も乾燥してきて走りやすくなったし(^^)


という訳で、ここまで写真を撮れなかった鬱憤を果たすべく、写真をパチリパチリと撮っときました(笑)




海岸線はだいたいこんな感じだったかな~。
Cimg2069

護岸工事がされていない自然の海岸線が多かったですよ。




なぜにこんな海岸線に田んぼが??
Cimg2067

ここだけでなく、結構海岸沿いに田んぼがありました(驚) 



日本海の夕焼け。ホントは夕日が見たかったけど、それは叶わず。
Cimg2075

写真を見てお分かりのとおり、いいお天気でここまで来れました( ̄▽ ̄)






さ、早く行かないと暗くなって東尋坊で写真が撮れないぞ。



19:00 東尋坊
Cimg2076_2 

ギリギリ明るいうちに写真が撮れました(^^)





19:30 PC4(271km地点 14時間30分経過)

このPCに入る時にふと視界にラーメン屋が飛び込んで来るw
Cimg2084

なんとなく、美味しそうな感じがしたので、レシート取得後フラフラ~と入店(笑)


ようやく、ここでごはんが食べれましたw

で、あれこれ悩んで頼んだのがコレ。
ウワサで聞いてたソースカツ丼w
Cimg2080

ラーメン屋なのにあえてカツ丼を頼んだのは、一般的なカツ丼と違って卵でとじていないから。


でもね、これが旨いのw
また福井に行ったら、多分食べちゃうかとw



そして、このカツ丼を食べ終えた頃、隣に一人のブルベストが着席する。

よく見たら、岡山のグルメブルベストさんだよ(^^)


思い出せば、2年前の雨の名古屋600の時に初めてお会いしてから、何度かブルベで見かけていますが、いつも美味しい物をたべているグルメの達人です。。
聞けば、この日もお昼に刺身定食を食べて、晩ごはんがここで、この後温泉に行くとのこと。
うーん、食べ過ぎw
さすが、ランドヌール5000取得の剛脚。
管理人も、ここまで極めたいものです(^^)







ここからは、次のPCまで80km以上あって上りもかなりキツい往路?最大の難所の九頭竜湖。



なにが難所かって?

それは、民家少ないため街灯なし(コンビニどころか自販機もなし)、標高が700m超えのため上るしかない、標高が高ければ当然寒い っていう感じで。。。

と言っても、そんなドM区間は、後半部のたったの40kmなんで、その前に、ライトアップされた丸山城をパチリ。
Cimg2086

キレイだな~。

これは、今からの難所の前のご褒美なのかww




つづく・・・






と行きたいとこですが、また半分の300kmも書いていません(汗)


なので、もう少しだけ書きますね。





君が代橋を左折しR158に出たら、九頭竜湖への終わりのない上りに突入。

でも、とにかくペダルを回しさえしていれば、いつかは目的地に近づくと思い眠い目をこすりつつ黙々とペダルを回す。


それにしても、300km超えてからの400mアップはキツイわ~(汗)

またこの上りが、アップダウンのある上りなので、なかなか標高が増えないし・・・





そんな感じで眠さをこらえてダラダラと走っていたら、一人のランドヌールに追いつかれる。

あっ、早い人が来たなと思い、抜かれるかな~と思ったけど、やっぱりこのランドヌールも暗い山道が怖いのか、眠いのか分かりませんが、何故かここに合流し3人パックで一緒にヒルクライム。


おかげで、一寸先は闇ってぐらい真っ暗が3人のライトで明るかったし、
眠かったのも、メンバーが増えたことにより変化が出来、刺激が増えたので、眠気が引いて良かったな~。



1:05 PC5到着(358km地点 20時間5分経過)
Cimg2090

真っ暗で寒い中、有人チェックでした。

ホント、スタッフのみなさん、ありがとうございます。






そして、ここがドロップバッグの到着地点なんで、まずはおもてなしのカップラーメンを頂き、
Cimg2089



ドロップバッグから就寝キットなどを取り出したら、しばしの仮眠(^^)


こんな仮眠所で軽く寝させて頂きました。
ほんの一時間でしたけど。
Cimg2092

でも、この一時間でムチャクチャ頭がスッキリしましたよ。
また、ACコンセントがあったんで、しっかりとスマホも充電できましたw



さ、仮眠・充電が済んだんで、残り240kmを軽くやっつけましょうかね(笑)



と、思って出発前に自販機で水分をボトルに詰めようと思ったけど・・・
Cimg2094

シーズンオフなのか電源が入ってませんでした(泣)

うーーん、九頭竜湖恐るべし(笑)







つづく

はーー、いつになったら完結するんだろう。。。









皆様のクリックで頑張って記事を書き進めると思いますので、出来ましたらポチっとな(笑) 

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 

             




          

2013年5月15日 (水)

BRM511京都600 前編 (なぜか路面が濡れている_| ̄|○ il||li)

こんばんは。

今日は5月11日(土)~12日(日)に行われた、オダックス近畿さんの主催するブルベに参加した記事を書きたいと思います。


いつも長々と書いてしまい、書くほうが大変(読む方はもっと大変w)なので、今回は簡単にまとめますので、ヨロシク~(^^)

でもね、とある事情で写真少なめですが、よろしくお願いします( ̄▽ ̄)


なお、今回のブルべコースのルートラボはコチラ。(サイコンがなぜか不調で高低図がおかしくなっていますが・・・)


そして、一緒に走ったのは、同じ愛知から参加のりょうさん。イロイロとありがとう&お疲れさまでした。






5月10日(金)

仕事を30分早く切り上げて、高速を飛ばして京都に向かう。
目指すはスタート場所の「城陽市総合運動公園」の駐車場。

今回、駐車場での車中泊を企んだので、道中コンビニに寄り、しっかりと食料及び寝酒を買って、駐車場に到着。


が、この公園駐車場には大きな問題が・・・



それは、「トイレが無い(驚)  」



まさに愛知では考えられないんですが、いっくら探してもトイレが見当たりませんでした。


なので、急遽予定変更し、隣接するホテルを予約して宿泊することに。
管理人は頻尿なんで宿泊地にトイレがないのは考えられないのですよ(爆) 



と言うことで、一週間前にキャンセルした「アイリスイン」に電話(笑)

実は、6日の月曜日の段階で、土日が雨予報だったので、一度キャンセルしていたから。
まさか、再び電話するとは思いませんでしたw




そんな感じで、前泊を実施。

でも、結果的にはホテルに泊まったことにより、ぐっすり眠れたので今回のブルベでは良かったかな~。

あと、ホテルなんでビールの自販機があったのも、ポイントが高かったですよww
持参の1.5リットルでは足りませんでしたので(爆) 




5月11日(土)

起床は2:30。
ホントはこんなに早く起きる必要は無かったけど、予想どおりの頻尿で起床(ToT)

スタートは5:00だから2度寝もできると思ったけど、あえて起きときましたw



で、朝食用に買っておいたおにぎりを3個食べつつ、余裕をかましてアレコレしてたら、いつの間にか時間ギリギリ(汗)
慌てて支度して、スタート場所に移動しました。




スタート場所で受付を済まし、
管理人初のドロップバッグ(360km付近の仮眠所まで荷物を運搬してくれる有料サービス)を依頼し、
ブリーフィングを聞いて、車検を済ませたらスタート。


この日は距離が長いので、ブリーフィングもメッチャ長かったな~w



5:02 スタート
Cimg2026

スタート前のりょうさん。
どうして、雨降ってないのに、頭にシャワーハットかぶってるの?(笑)




スタートから通過チェックまでは、京都の街を走行。

途中、東寺の五重の塔と東寺の門をパチリ。
Cimg2028

Cimg2030

やっぱり、京都のお寺は古いけど、立派だな~。




6:50 第1通過チェック

念のために着ていた100均カッパのケツが破れた(汗)
まだ濡れていないのに。
もったいないけど、ここは心を鬼にして破れたカッパをゴミ箱に(笑)




ここから先は、超級、1級、1級と3連続山岳が続くので、気合を入れてスタートしました。
スタート~PC1までのルートラボはこちら



まずは超級の「花背峠」

はっきり言って、この峠はキツイ。
だって、頂上までの残り4kmの平均勾配が10%弱ですよ(泣)


実際、泣きながら上りました。
Cimg2041

写真は峠の頂上手前の左カーブ。管理人の涙で路面が濡れちゃってますね(笑)




で、上ったら下るんですが、この日は気温が16℃にもかかわらず、とにかく寒い。
なので脚を止めて下っていると、心拍が下がって体が震え、指先も冷えて冷たくなり、とっても辛い下りでした。

また、なぜか路面が濡れていたので、ブレーキを引きっぱなしだったのが、ツラカッタな~。




あとこの時、発生した問題点は、

1.ライト(GENTOS353xxx)がホースバンドから外れて落ちた。(りょうさんにより回収)
2.モンベルのフロントバッグの固定がしっかり効かず、ずり下がった。


いずれも、この日の天候により滑りやすくなったみたいです。。。






2番目の峠は1級山岳の佐々里峠

この峠もキツかった~。
でも、最初の超級に比べれば、可愛いものかと(笑)

峠の頂上で写真を撮ったけど、特に何もないので掲載を割愛。






最後の峠は1級山岳の五波峠

1級なので勾配と標高は驚く程ではありませんでしたが、走った感想は「この峠は超超級ですか?」と。


まあ、ルートラボに無い道なので、予想はしてたけど、

道路中央の大きな落石、山側のガケ崩れにより道を1mほど塞ぐ落石、所々にあるグレーチングの隙間、路面には土砂と落ち葉がいっぱい・・・


この時ばかりは、主催者のドSっぷりを実感しましたね(笑)



さすがに、途中では写真を撮る余裕がなかったですが、頂上の福井県と京都府の県境だけは撮っときました。
Cimg2048

ここでも、雨でレンズが曇ってますね~(爆) 




この後もブレーキを引きっぱなしで下ったら、昨日の速報でアップした写真の出来上がり。
Cimg2049_2

この写真は、サドルバッグですが、LOOKの方もありえないほど汚れていました(涙)
もちろん自分自身もね。。。


ホントに、下りがこれほど楽しくないと思ったのは久しぶりでしたよ。






11:20 PC1(115km地点 スタートから6時間20分)

ここでは、軽く補給。
たしか食べたのは、おにぎり1個だったかな。




ここからは、福井県の海岸線沿いをまったりと走る。
(というか、まったりとしか走れないw)


普段だったらキレイな海岸線と青い海が拝めるんですけど、この日はなぜか景色がよく無いな~と思いながら。


そんな中、「あれっ、ここ見覚えがある」という景色がチラホラ。
どうやら、3年前に参加したGF福井のコースと一部重なっているようです(^^)

知ってる場所だと思うとなんだかテンションがあがるねw





その後、三方五湖の湖畔を通ったら(この道もルートラボに無い超狭の悪路ww)、


13:20 第2通過チェック

ここら辺で本当はお昼ご飯を食べたかったけど、なぜか体がびしょ濡れ(泣)
これでは、普通のお店に入ってご飯を食べれる状態ではありません。

なので、やけくそでここでもおにぎりを2個ほど食べときましたw
(これでこの日のおにぎりは6個だよww)



14:50 PC2(175km地点 スタートから9時間50分)

さすがにおにぎりに飽きたので、パン食に切り替えw
Cimg2056

何だか、負けたと感じた瞬間でした。








この後は、気比神宮横を通過し、(鳥居が立派なんで由緒正しいお宮さんかな?)
Cimg2059


若狭湾沿いを走ったら、ようやくようやくPC3。


南風を期待できる天候だったけど、なぜか微向かい風が管理人一行の行く手を阻む。




いつもそうだけど、ブルベは過酷だな~。


16:45 PC3(215km地点 スタートから11時間45分)
Cimg2060

ごはん、パンの次はパスタをw

なんか知らんけど腹が減ってしょうがないので。




でも、あくまで、これはおやつです(笑)

晩ご飯はしっかりと行きますよ~w





そして、ふと隣を見ると、愛知の誇る雨SRのFEL人さんが、なんとカッパを脱いでるよ(驚) 
Cimg2061

このFEL人さん は管理人的には、全国NO2、愛知NO1の雨男なんで、この方がかっぱを脱いだらこの後は最高の天気になるはずw
(全国一は、やっぱり京都の方ですがw)






さ、この後は晩ごはんを食べれるのか?
管理人のブルベ600kmはこの時点でも始まったばかりです(笑)


つづく









なんだか、また長くなってしまいましたが、記事の続きはよ。と、思われましたら応援のクリックをお願いします(^^) 

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

             




               

2013年5月13日 (月)

【速報】BRM511京都600(落車寸前の危機を乗り越えて…) 

こんにちは。

タイトルの記事を今から書き進めますが、

まずは、オダックス近畿のスタッフのみなさん、
コメントやつぶやきの返信などで応援してくれたみなさん、
そしてご一緒に参加されたみなさん(とくに「終始一緒に走ってくれたりょうさん」)、

取り急ぎ、お礼申し上げます。
Cimg2020

上の写真は600kmスタート前のブリーフィング風景。
変態がいっぱいおって、驚きましたわw




で、今回のブルべの結果は、


無事完走」です。


ちなみに、認定時間は37時間切りの好タイム。



ホントに、感謝!感謝です。





思い起こせば、去年の名古屋600は残り120kmぐらいの場所で車にはねられて病院送りでDNF。
その次の近畿600は超大型台風に紀伊半島を直撃され、泣く泣くDNFでしたからね。



ホント、ゴール出来た時は、ものすごく嬉しかったですよ(^^)





でも、今回もすんなりゴールできたわけでなく、途中イロイロとありました。



その中で特筆すべきは、


見通しの良い下り坂をノーブレーキで走行していて時速が60km近くになった時、

徐々に前輪が振れだし、最終的にはハンドルを取られるほど前輪が振れ振れの状態になった時はブレーキもかけれず速度を低下することが出来ない中、

上半身でハンドルを目いっぱい押さえ込みながら、


「マジで落車する。この速度でこけたら死んじゃうんでは・・・」 と、心の底から思ったことかな(汗)



最終的には、この坂は上り返しの坂だったため、徐々にスピードが落ちるにつれフレも収まり事なきを得ましたが・・・


気を落ち着かすために頂上で停車した時は、恐怖で体がガタガタ震えました。



ホントに落車しなくて良かったと、何度も何度も思ったものです。



ちなみにこの時の残り距離が、前回車にはねられた時と同じぐらいで、残り約120km。



管理人的には、どうやらこの距離が明暗の分かれ道みたいな感じがします。



ということがありましたが、なにはともあれ、完走出来てウレシイ限りです。


本編は、ボチボチ書いて行きますので、気長にお待ち下さいませ。




とりあえず、今日のところは速報なので、ここまでで( ̄▽ ̄)
Cimg2049

こんな状態になるブルベをどうやって、まとめようかな(爆) 









600km完走おつかれさま(^^) と、思われましたらクリックをお願いします(^^) 

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 

             




               

2013年5月11日 (土)

ただいま、ブルベ600を走行中

こんにちは。

この記事は予約投稿でアップしています。

すなわち、この記事がアップされていると言うことは、現在ブルベ600kmを走行中ということで・・・(笑)





予定どおりに走れているのならば、この記事をアップした5月11日(土)12:00現在は雨の福井県を走っていることでしょう(爆) 



11日(土)の朝5時に京都を出発してこんなコースをこんな天気で走るブルベですからねw
11tenki

なんと降水確率70%ですwwww







GW明けの6日の段階では、土日雨予報だったのでDNS決定と思って、予約していた京都の宿をキャンセルしましたが、この記事を書いている9日(木)の時点では日曜日の天気が回復したので、こりゃ参加しよかと(笑)


実は、管理人の雨ブルべのマイルールは、後半に天気が回復するなら走る!ですからw







というわけで、この記事を見た貴方。

暇だったら、テルテル坊主を作って応援をお願いします(^^)


余裕があったらつぶやいていますので、応援よろしくです。
でも、返事はできませんけどね(^^;



去年はイロイロあって600を完走していないけど、今年は2年ぶりの600のゴールが見れるかな~?










頑張って!! と思われましたら、応援のクリックをお願いします(^^) 

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

             




               

2013年5月 9日 (木)

重量化LOOKで四谷千枚田に行ってきたよ(^^)

こんばんは。

いまだにGWのライド記事を書いている管理人です(^^;


今日は、5月4日(土)にコッソリとひとりで走りに行ったロングライドの内容をサラっと記事にします。


こんなコースでまったり走った記録なんで、期待せずにお読み下さい。

でもまあ、190kmオーバーの2000mアップでしたが・・・




最近は200kmがデフォになってきて怖いな~(爆) 









出発は、ひとりなんでゆっくり目の6時10分。
Cimg1964

前回の記事でお伝えした重装備で出かけます。
と言っても。バッグの中身は空なんですけど・・・


いつもの矢作川堤防をえっちらおっちら走行し、途中道を間違えながらも管理人の的確な判断で、最短距離で予定の道に復帰する。



で、気がついたら、くらがりTTのスタート地点w
Cimg1966

とはいうものの、坂が激遅の管理人はタイムを気にせずにまったりと上るだけです。



でも、途中でRIDLEYの黄色バーテープの方にスパッと抜かれた時は、LOOKが負けちゃイカンと思って、一生懸命ついていきましたが、約1kmほどでそんな修行は終了(爆) 



簡単にちぎられてしまいました。。。

うーん、きっとRIDLEYの人はプロだったんだねw と無理やり自分を納得させて、残りのヒルクライムをまったりと上りましたとさw



まずは、ヒルクライムのご褒美にスモールフランクフルトw
Cimg1967

スモールと言っても、20cm以上ありますけどね( ̄▽ ̄)









この後は、本日の目的地の四谷千枚田に向かう。

まあ、簡単に言えば、またもヒルクライムを行う(泣)



でも、ゆっくりでも走り続ければ、ゴールはくるもので・・・



こんな看板が目に飛び込んで来たら、
Cimg1975

そこは、目的地の四谷千枚田の景色を下から望むベストポジションの場所w




こーんな絶景が見れますよ。
Cimg1977

Cimg1980

と言っても、ちょうど田植えのシーズンだったんで、緑の稲穂がブワーーーーーという絶景ではありませんでしたが、それでも何だか感動しました(^^)





さ、下から千枚田を満喫したら、次は上から見下ろさなければなりません(^^;

なので、少しばかり上って見ますと・・・



こんな感じでした(^^)
Cimg1987

なんだかスゴイ田んぼですねw






この写真を撮ったあと、ふと上を見ると、何やら怪しげなテントがw
Cimg1991

よく見てみると、五平餅250円って書いてあるよ(嬉)



なので、当然、ヒルクライムのご褒美をゲットしましたw
Cimg1990

ご近所のおばちゃんが炭火で焼いているので、とってもおいしかったです(^^)



また、食べてる途中に、地元のおばあちゃん(多分90才は超えているかな)が来て、「漬物食べな(^^」ってたくわんを配給してくれたので、疲れた体に塩分補給が出来てとっても美味しかったです。


やっぱり、田舎はええな~w






この後は、少しだけ上って「仏坂トンネル」や先日名古屋300で通ったトンネルをクリアーし、サークルKでプチ補給。
Cimg2000

揚げたこ焼きをがっつりと頂きました(爆) 





でもね、こんなんじゃ腹が膨れはしないので、この後は管理人お得意の「香の兎」に行って「冷ぶっかけ温泉卵入り」を食しましたとさww
Cimg2001

さぬきうどんは、相変わらずおいしいね~ww







この日は、200kmには5kmほど足りませんでしたが、いろいろ食べれたので後悔はございませんよw

それと、LOOKもそろそろブルベデビューをさせてもいい頃合かな(^^)










LOOKブルベ期待! と、思われましたら、応援のクリックをお願いします。 

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

             




               

2013年5月 7日 (火)

LOOK566軽量化w  でも、その後、重量化を・・・

こんばんは。

今日は、先日実施したLOOKの軽量化を記事にしたいと思います。

ただ、来るべき日に備え直ぐに重量化したので、一瞬の軽量化でしたけどねw




まずは、ベースの体重測定。
Cimg1854

裸のLOOK556に付いているものは、ボトルケージ2ケ・EDGE500のマウントのみで、ホイールはあの激重ホイールのフルクラム レーシング7です(^^)

そして、この状態の重量は約8.2kg。




こんな秤を使いましたが、まあ大丈夫だよねw

デジタル式吊り下げはかり(デジタルスケール・計量器・吊りはかり)MAX40Kg

さ、ここから軽量化をいそいそと。

まずは、ホイールを管理人ご自慢のMAVIC K10にして、

お次は、ボトルケージをカーボン品に交換♪
Cimg1936

このケージは、京都の雨魔人ヒマジンさんがLOOK購入のお祝いにくれたものですが、めっちゃ軽くて驚きましたよw
(雨男菌は移らないよねww)

ヒマジンさんからいただいたボトルケージの重量
Cimg1937

驚きの19g



こちらは、いままで付けていたボトルケージCimg1938

なんと64g(重っ)


ということで、プチ軽量になりました。


ちなみに今回重量をはかった計りはかなりええですね~w

TANITA デジタルクッキングスケール ホワイト KD187-WH








さて、ホイールとボトルケージを変えたこの状態で何kgになったでしょうか?w
Cimg1940






テレテテッテテー(^^)

なんと、
Cimg1939



7.6kgまで軽くなってしまいましたw

実に、0.6kg減(驚)






さすがにこの重量だと、持ってみて軽っw という感じが味わえますね。

でも、決して坂が早くなるわけでは無いので、お間違えないようにお願いしますww











さ、軽量化に満足したら、お次は重量化の始まりです(泣)

来るべきブルベに備えてイロイロ付けますよ(爆)






サドルをお気に入りのやつにして、
フロントバッグ、サドルバッグ、トップチューブバッグ、ライト・サイコンとマウントをコテコテと付けたら・・・


こんな風になりましたw
Cimg1944

Cimg1945


重量は、なんと驚きの9.1kgに(^^;

また、バッグの中身は空なんですけど(泣)


でもね、この装備は長距離ライダーには必需品なので、重くても頑張って走りたいと思いますw










軽量化(重量化?)おつかれさまー! と思われましたら、応援のクリックをお願いします。 

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 

             




               

2013年5月 5日 (日)

茶臼山ライド ヒマジンさんがいたけど何故か晴天w

こんばんわ。

GW連休が今日までの管理人です(ToT)


なので、明日から仕事なんですが、果たして無事社会復帰できるでしょうか?(笑)

なんだかんだで、このGW連休で1000kmぐらい走ったからな~(爆) 



ということで、今日は5月1日(水)にみんなで出かけた茶臼山ライドの様子を簡単に記事にします。


毎年GWを茶臼山の山開きにしている管理人は果たして今年はどんな感じで上ったのでしょうかw


今年の走行ログはこんな感じです。

管理人の善行のおかげで晴れたんで、まったりと上れました。
上りがゆっくり過ぎですが、みんなと一緒だから良いよねw





と言うことで、この日のメンバーを順番に紹介します。


まずはいつものめばるーずのメンバーの

管理人、ハンガーノックン、ちょいメタボ君、トシ君、がくさん、サブフォー君


そして後は、愛知が誇る変態メンバーの

MaSaさん    2日前に自走で鯖街道ビワイチ360km
とりっくさん    当然SR
秀さん       泣く子も黙るチタヨン男
りょうさん    当然SR
ヒマジンさん   京都の誇る雪神様ww


こんな11名で行って来ました。




今回は管理人のLOOKお披露目ライドという事もあって、雨だけは勘弁と思い、某京都のお方をお誘いするのをかなりためらいましたが、

管理人の日頃の善行を信じると共に、LOOKなら雨はないだろうと思って、天気予報の晴れ確率が100%を確認してから意を決してお誘いしました。






結果、見事に晴天w

いやー、今回は博打に勝ったよww
Cimg1914

写真は、本文に無関係な雨雲が似合う雪魔人様のお写真ですw





ということで、本編を書き進めますね。

といっても、すでに他の参加者のみなさんが詳細な記事を書き終えていますので、そんな記事にリンクを張ることで、少しばかり端折っりたいと思います(爆) 


ライドの詳細記事はこちらをご覧下さいw

 ハンガーノックンの記事
 とりっくさんの記事
 ヒマジンさんの記事
 秀さんの記事      ← 記事はよw
    




この日の相棒はLOOK。

初200km2000m超えですが、楽に走れるかな~(^^)
Cimg1870




集合は6時30分に安城のスポーツバイクショップのリーフ。

本日ご一緒していただくがくさんのお店です。
Cimg1875

店の前のサイクルラックに管理人より先に到着したこの日のメンバーのバイクがすでに掛かっていました(^^)




そして、これが、ヒマジンさんの決戦バイクのAMEじゃなくてNOAH。
Cimg1872

黒ベースで赤と白の差し色がカッコええバイクです。

でも、サドルが高すぎの見え張りすぎではwwww




そして、いつも通り遅刻してきたちょいメタボ君のバイクというか、NEWホイール。
いつのまにEASTONのチューブラーを(驚) 

Cimg1878

早くもやる気まんまんでみんなを千切るオーラがチラホラと・・・





さ、全員出発したら、お山に向けてレッツゴー。

こんな感じでまったりと上ります。
Cimg1880

Cimg1881_2


途中、大多賀峠に上るヒルクライムで金満DURA9000ーずのりょうさんとヒマジンさんが、

庶民あるてーず(注 コンポにアルテグラありの面々)のみんなを千切って上って行ったのは、


やっぱり、DURA9000は早いっていうデモンストレーションでしょうか?


それとも、管理人一行が貧脚なだけ?ww




上り始めて1時間後、峠の頂上に到着。
Cimg1891

あーだこーだと喋っていたら、いつの間にか着いてしまったという感じでしたw
この上り方は楽に上れていいね!



そして、頂上でこの日名古屋から合流のMaSaさんを捕獲。
Cimg1892

それにしても、寿司屋がスポンサーってw

名古屋の幸寿司で次回は反省会か?ww





さ、お次は茶臼山ですよ。

当然、まったりと上ります。
Cimg1910

上の写真は、手前がヒマジンさんで奥がりょうさん。

どう見ても、見栄張りすぎだよな~w





1時間後・・・

大盛りカレーキターww
Cimg1919

いや~、この時のために上っているかと。

当然ぺろりと完食し、ここからのダウンヒルに備えます。






レストランからは下りが延々と続く根羽村経由で下るのが管理人流。

途中、いつもの湧水ポイントで美味しいお水を汲んだら

Cimg1927


Cimg1925

延々と続くダウンヒルのスタート。

標高1300mから一気に30km1000mダウンの道のりへ。





この日は5月にしては肌寒い日だったんで、鼻水を垂らしながらガーーーと下りましたよw




で、いつもの小渡のまるKで軽く補給をして
Cimg1931   



17時過ぎにスタート場所のリーフさんに到着。
Cimg1933





いやー、いろいろと楽しいライドでした。

みなさん、またご一緒願います。


あっ、京都の方は、天気予報で当日の晴れが100%確実になったらお誘いしますね~w



下の写真は、秀さんにいただいた集合写真。みんな満足そうないい笑顔だね。
P1050270










茶臼山開きおつかれさまー! と思われましたら、応援のクリックをお願いします。 

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

             

               

2013年5月 3日 (金)

LOOK566 インプレッション

こんばんは。

今日は先日管理人が購入した「LOOK566」のインプレをしたいと思います。
Cimg1861


とは言うものの、管理人のなけなしのお小遣いをはたいて買ったバイクのため、色眼鏡万歳のインプレですが、その辺はご了承をww





インプレをするにあたり、アップダウンコースとヒルクライムコースを走って来ましたw


4/29(月) 知多半島広域農道でアップダウン

この日は偶然出会ったkimisueさん(E3登録)に牽かれて、心拍アゲアゲで爆走
Cimg1865

もうね、久しぶりに心拍を195まであげたんで、口から魂が出ちゃいました(爆) 
でも、そのおかげでこのバイクの性能が見極めれたかと。




そして、その二日後に、

5/1(水)  愛知最高峰の茶臼山へヒルクライム
Cimg1884


この日は、ブロガーライドなんでまったりと走行しましたが、200km2000mオーバーなんでそれなりのインプレの材料になったかと。
(このライドの詳細はまた後日記事にしますね。)






さ、では気になるインプレを。
(ちなみに、ホイールは重量級のレーシング7を履いて走りましたよ(爆))



【良い点】

・ 振動吸収性が高い。

  → アルミ時代は路面の振動をゴツゴツと拾っていましたが、コトコトって感じにかわりました。これは、ロングライドの疲労感が大きく軽減されるので、かなりメリットかと。


・ アップダウンもヒルクライムもそつなく走れる。

  → この2日の走行で分かりましたが、普通に走れます。
    でも、ホイールが重いせいか、漕ぎ出しが軽いとか、ヒルクラのタイムが一気に短縮するとかいう事はありませんでしたね~(^^;


・ ダウンヒルの安定性が高い。

  → これは想定外でしたが、直進安定性が高いジオメトリーのせいか、MBKより余裕を持って下れます。
    もしかしたら、一番お金を掛けたコンポのBRー9000のおかげかもしれませんがなんにしても、ありがたいことです。


・ バイクがカッコイイので、なんだかウレシイ(笑)

  → 完全な自己満足ですが、ここが一番重要ですよねwww
 



【うーんな点】

・ 予想はしていたけど、ペダルを踏んだだけダイレクトに反応するといったキビキビ感が薄い。

  → この点は、アルミの方が反応が良いと実感しました。
    なので、クリテとかのレースに使うにはどうかな~と感じましたね。






ざっくりインプレするとこんな感じです。


管理人的に総評すると、

レースに出ずにロングライドするなら最高の一台!! 」という感じでしょうかw




もう少しLOOKに乗り込みポジションを出して、ホイールをMAVIC K10にしたら、

早すぎって困っちゃうな~w

と、言ったインプレができるかもしれませんが、いまの段階ではこんな感じですw







まあ、愛車を眺めながら酒がおいしく飲める満足感は、LOOKならではなんで、結論は大満足ですヽ(*´∀`)ノ












勝手インプレおつ!w と思われましたら、応援のクリックをお願いします。 

自転車ブログ クロスバイクへ
      自転車ブログ クロスバイクへ

             

               

2013年5月 2日 (木)

BRM427名古屋400 カフェインの摂り過ぎに注意の巻

今日もブルベ記事の続きを書きます。

一応、今回で完結させますので、今日もよろしくお付き合い下さい。
夜間走行部分になりますので、写真少なめですけどね。


PC4の折り返しを一緒に出発したのは、管理人とちょいメタボ君と秀さんの3人。

復路の京都市街地を抜け、比叡山へ向かいます。




比叡山の山岳に入ったら、いつの間にか列車が4人になっていて、

「僕が多分最年少の参加者じゃないかな」と言う20才の若者がご一緒に。


この若者と少し話をしてたら、いつの間にか秀さんがみんなを千切って上りだす(^^;

すると若者が、追撃体制に入って、追いかける。



いやー、若いっていいねw

おじさんは、まったりしか上れないよ(爆) 


でも、頂上付近でその若者を捕獲し直したので、管理人も若いかもねww
 
(注)秀さんは早すぎのため頂上で「汗が冷えて寒いよ~」と言ってたとか言って無かったとか。




そしてこのヒルクライム中に日が落ちて、いつの間にやら真っ暗に。

去年は明るいうちに通過できたのに、今年はやっぱり爆風に苦しめられてるな~(汗)




さ、ここからは暗闇のダウンヒルですよ~。

ちょいメタボ君の登頂をまって一緒に下り始めましたが、若者が早い早い。
あっと言う間に千切られてしまいました。

うーん、若いって素晴らしいw








ダウンヒルが終わったら、次のPC5の前に晩ごはんを食べねばなりません。

なので、関西のラーメンチェーン店の「天下一品」に吸い込まれてしまいましたw
Cimg1845

Cimg1846

注文したのは豚キムチラーメン定食(こってり味のにんにく入り)


これで、昼間のダメダメごはんの借金をチャラにできたかな(笑)



あと、日が暮れて冷えてきたので、ここで持参したインナーウエアーを着足し、グローブを指切りから春秋用のロンググローブにチェンジ。

さらに、ウインブレもはおって、寒さに負けない格好にして走り始めました。



20:30 PC5

さっきの天下一品から5分走れば到着です(爆) 

だったら、コンビニでラーメン食べればいいじゃんと言う意見が聞こえてきそうですが、やっぱり暖かいとこでゆっくりと食べたいよね~と言う事でお店屋さんで食べるのがめばる流です。

ここでは、メガシャキのみ購入してスタート。

PC滞在時間は驚きの8分。

いつもは20~25分休憩してから出発するので、非常に短い休憩だったかと。





ここからPC6に向けては、びわ湖湖畔を北上します。

風は少し柔らいだものの基本は向かい風の中、管理人が先頭になってガーーーと爆走(本人は爆走しているつもり)


でも、しばらく走ると秀さんが「遅い!」と言って先頭交代。

ここから一気にペースアップし、前を走る4~5人の集団(とりっくさんとモリゾーさんがいた)を抜き去りましたよ(早っ)

あとで、モリゾーさんからは「スピード違反ですよ」と言われてましたねw





そしてその列車も、ちょいメタボ君が「寒い!」と言って先頭交代。

さらにスピードをあげ、、前にいた写楽さんとがくさんを抜き、あっと言う間にPC6に(驚) 



実際、信号のつながりも良くて、イオンを越してから泊まった信号がほとんど無かったですからね(^^)





22:10 PC6

そろそろ眠くなってきたので、さっき買ったメガシャキを投入。

これでしばらくは眠くならないかな。






23:30 通過チェック
Cimg1848

ここでは、セブンイレブンの新しいコーヒーミルで挽く、結構おいしいコーヒーを飲んで眠気覚まし。

この先は、復路最大の峠の「石榑峠」を通るからね。


あと、ここでも寒さが増してきたので、インナー手袋を重ね着して、靴下も予備のものを重ね履きする。

これで、寒さ対策もばっちりかな(^^)




そして石榑峠。

とにかく暗い。

ここが一人だとツラいなーと思いながら、3人の明るいライトで前方を照らしながら、まったりと上る。

さすがにここでは、坂の早い秀さんもみんなを置いて上って行きませんでしたよw



そしてこの峠は道の舗装が新しく、また道幅が広いので走りやすい。
あと、こんな遅い時間のため、車がほとんど来ないのも並んで喋りながら走るには、良かったかな。


でも、峠なんで当然キツイかったですが。
なんど、リアのSTIをもう無いロー側に操作したことか(爆) 


それでも、たまにアップダウンがあるので、上りっぱなしじゃないのは気が紛れたかな。



ちなみに頂上付近の気温は驚きの5℃。

4月終わりなのに、なんでこんなに寒いのか。
いっぱい重ね着しておいて、マジで良かったかと。

あっ、ちょいメタボ君は指切りグローブしか持ってなかったので、急遽コンビニで買ったイボ付き軍手で上っていましたよ( ̄▽ ̄)



そして頂上到着後は、恐怖の石榑トンネルを走る。

距離が長い(4km以上)うえ、路肩が狭く、またセンターラインにはみ出し禁止のポールが立っているので、大型車が自転車スレスレで通過する恐ろしいトンネルです。
管理人史上、一番走りたくないトンネルに認定されていますが。。。




でも、さすがに深夜のこの時間はトンネル内で追い越されたのは乗用車1台だけだったので、ストレスを感じることなく通過できました。


ホントこの時ばかりは、こんな遅い時間でしか通過できない自分の貧脚をありがたく思いましたよ(泣)




トンネル通過後は、ダウンヒルを震えながらこなし、最後PCに向かう。





2:25 PC7

ここでは、ヒルクライムでカロリーを消費したので、ガッツリとカレーヌードル大盛りを食べるw

いやー、お腹いっぱい(爆) 


それと、追加の眠気対策として、ちょいメタボ君が持っていた謎のカフェインの錠剤(ネット販売品?)を一錠もらって、飲んでおく。



さ、これで眠気対策は完璧だ(^^)






PCを出発してすぐの橋を通過中に、対向車線を走る1台のローディーとすれ違う。

こんな時間なのに頑張って走ってるな~と思って会釈して通り過ぎると、なぜかそのローディーがUターンしてこっちに来るぞ??




「めばるさーん」と言いながら。
Cimg1849

声の主は、真っ赤なアンカー乗りのMaSaさんでしたよ(驚) 


聞けば今から自走でビワイチにいくとのこと。

あのー、変態ですかww



なんだか、管理人の周りには変態が多いな~。







そんなMaSaさんの突き抜けた行動に元気をもらい、一路ゴールに向けて爆進。

カフェインが効いて眠気もないし、脚もよく回るしで、こりゃ調子がいいな~なんて思いながら。

とは言うものの、行きが爆風の向かい風のこの区間は、帰りも何故か微向かい風だったんで、時速は25kmぐらいしかでていませんでしたが・・・






そして、そんな管理人にヒタヒタと忍び寄る怪しい影。
この影が、この後の管理人をかなり苦しめることに。。。




それは、名古屋の街中を走行中、なんだかお腹に違和感を感じ・・・

急遽、コンビニにピットインして軽量化。



単純に食べ過ぎなんだろうと思っていましたが、






しばらくすると、またお腹に痛みが(泣)

あわてて、コンビニ寄って軽量化をすると、この日食べたものがすべて出尽くしてしまいました(爆) 


もうね、フラフラですよ。




で、何が原因だろうとイロイロ考えて思い当たったのが


カフェインの摂り過ぎ!!




そう言えば、むかしからコーヒーを飲むとお腹が緩む貧弱な胃腸だったことを思い出しました。



みんなもカフェインの摂り過ぎには注意しようねww







そんなトイレアクシデントで、名古屋市内からは一人旅に。

幸い眠くないのが、良かったですけど。




その一人旅の途中で、何故かコンビニで一人で休憩していた秀さんを捕獲。
Cimg1851

ここからは、2人でゴールを目指して走行しましたよ。



気が付けば、朝日も出てきました。
Cimg1852


で、結局28日の6時少し前にゴーーール(嬉)




今回のブルベは、市街地のストップ&ゴーと行きの爆風と各所の上りとダメ昼ごはんに苦しめられたブルベでしたが、個人的には最後の腹痛が一番キツかったな~(遠い目)


でも、辛い記憶はすぐ忘れちゃうから、また次も笑いながらブルベのスタート地点に立っているかもね(^^)




最後に、スタッフのみなさん、ご一緒していただいたみなさん、コメントやツイッターなどで応援していただいたみなさん、ホントありがとうございました。

また次回もお願いします。











名古屋400のブログ3部おつかれさまー。 と、思われましたら、応援のクリックをお願いします。 

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 

             

               

2013年5月 1日 (水)

BRM427名古屋400 甘味注意報発令?の巻

今日は、4月27日に参加したブルベ記事の続きを書きめて行きます。

お時間のある人は、お付き合い下さいませ(^^)




残念なお昼ごはんだったけど、ゴハンおかわり自由だったので、お腹いっぱいになり走る気力は何とか回復。

約40分ほど休憩した12:45にPC2を目指し爆走開始。



彦根の街に入り、風向きが少し変わり向かい風が和らいだので、さー行くぞ!! と思ったけど、

「やっぱり、食後のデザートを食べたいなー」という、スイーツ王子こと秀さんの意見に賛同し、食いしん坊4人がルートアウト(爆) 


向かった先は、彦根城のお膝元にある「分福茶屋」で名物「つぶら餅」をめざしますw
Cimg1815



観光客の痛い視線に耐えレーパン姿でレジに並ぶ怪しげな集団(爆) 
Cimg1818

ちょw ちょww こうやって写真でみると、ホントにドン引きされているじゃないか(核爆)





そんな苦労の末、手に入れたつぶら餅@60 はコチラ。
Cimg1819

たこ焼きぐらいの大きさで、あんこ入りの餅を焼いたものだとお考え下さい。


なので、焼きたてを一気に食べると、まさに小龍包状態で口の中が大やけどw

管理人は残念ながら、チンチンじゃなかったので、事なきを得ましたが、一緒に買ったとりっくさんは大やけどしていたな~ww


食事をしたばかりだったので、3個しか買わなかったけど、ちょいメタボ君とスイーツ王子の秀さんは、それぞれ10個近く買っていましたよ(驚) 




あと、寄り道ついでに彦根城の写真も撮っておきました。
Cimg1821

残念ながら、今日もひこにゃんは居ませんでした。





さ、寄り道もここまでにしてPC2を真剣に目指しましょう。


この彦根城を過ぎて少し走ると、びわ湖キターーーー。
Cimg1822


ここを左折し、南向きに進みます。

なので、今までの爆風が心持ち追い風に。



今までの遅れを取り戻すべく、少しペースを上げて進みます。





13:55 PC2(135km)到着

到着して驚いたのは、管理人の自宅近くにお住まいの「ゆうきパパ」さんがサプライズでお出迎え(驚) 
Cimg1826

あの~、自宅から自走って130kmぐらいあるよね(汗)

それって、ブルべと同じ距離走ってんじゃんww


まったく、呆れた変態さんだ。




でも、まあ、その気持ちウレシカッタよ(^^)



ということで、ここでもしっかりとまったりしてスタートしました。

ゆうきパパさん、また今度は一緒にブルべを走りましょうね。



PC2からは、管理人・ちょいメタボ君・秀さんの3人でスタート。


とくっくさんはいつの間にか千切れていたし、
写楽さんとがくさんはつぶら餅に寄らず先行したもののパンクでいつの間にか抜いていたらしい、だったので。



3人で適当にローテしながら、びわ湖湖畔を走ります。
Cimg1828

信号がないし、追い風基調で走りやすいんですが、如何せん交通量が多くて路肩が狭い(汗)


大型車にスレスレで抜かれるのは、ストレスだな~。




そんな信号なし区間もイオンのある辺りで渋滞に。

渋滞車両を横目に走っていると、突然後ろでガシャーーンとイヤな音が(汗)




振り返ると、秀さんが立ちゴケしてました。

でも、体とバイクは無事だったんで、良かった良かった。



あっ、本人は「アソスレーパンが~(ToT)」と言っていましたけどw




15:50 PC3
Cimg1831

ここからの大津の市街地走行とヒルクライムを見据え、アイスコーヒーとエクレアをいっときました。

それにしても、このエクレアは甘すぎ。。。


やっぱり、管理人はスイーツ王子にはなれないやw



20分ほど休憩したら、折り返し地点(200km)の京都を目指して出発。
ちなみに、ここで再度とりっくさんとモリゾーさんを吸収し5人列車で走り出しましたよ。



それと、この出発と同時ぐらいに、写楽さんとがくさんがここに到着しました。

やっぱり、みんな脚が似ているな~。





大津市内のストップ&ゴーと左折車線アタックをなんとか交わし、柳が崎の信号を左折したら、山岳地帯に突入。


坂の早い秀さんには先行してもらって、マイペースで坂をえっちらおっちら。
Cimg1835

なんか坂がキツいなーとおもったら、今日の愛車のMBKはこないだノーマルクランクに換装したばかり(汗)

そりゃ貧脚にはノーマルで坂はキツイわな~。




それでも、漕ぎ続ければ頂上に到達するので、汗水鼻水流し頑張りましたw

とは言いながら、景色が見渡せるポイントでは、写真をパチリとしながら(爆)
Cimg1837

びわ湖を見下ろすってなんか気分がいいよね。



そして、秀さんの約2分遅れで頂上の比叡山有料道路の料金所に到着。
Cimg1838

ホント、勾配キツかった~。





ここでちょいメタボ君を待って(と言っても割りと直ぐに到着)、みんなでダウンヒル。


気持ちよーく下れましたが、往復コースだからまた上るんだよね(泣)

この後、京都市内のストップ&ゴーをやっつけ、京都タワーを横目に見ながら進むと
Cimg1840

今年も京都着が遅くて京都タワーが夕日で逆光(ToT)




17:45 PC4(折り返し)に到着。
Cimg1841

さすがに腹が減ってきたので、おにぎりを2個いっときました。

ちなみに穴子おにぎりを買ったんですが、愛知県には無いメニューじゃないすか?
もしかして、京都限定なのか??





そんな事を思いながらふと横を見ると、秀さんが何やら店を広げているよ(汗)
Cimg1843

また、あんまんとスイーツを買っとるww

ほんと、どんだけ甘いもの好きなんでしょうか?



でも、管理人より身長が7cm大きく、体重が2kg少ないのはウラヤマシイ限りです(ToT)









さ、おにぎりを食べ小腹も膨れたので、頑張って復路の山に向かいましょうかね。




続く









ブルベ記事は長くなって大変。記事アップおつかれさまー。 と、思われましたら、応援のクリックをお願いします。 

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 



             

               

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング参加中

  • 今日の順位をチェック! ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 自転車ブログへ
  • にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    ↑↑↑↑ 他にも面白い改造記事がたくさんあるかも
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック


アクセスランキング