« 自走しらびそ峠 獲得標高は驚異の3500m超(驚) 前編 | トップページ | 下り坂で落車(ToT)  »

2015年9月 8日 (火)

自走しらびそ峠 獲得標高は驚異の3500m超(驚) 後編

こんばんは。

今日の記事は、前回記事の続きです。



果たして、標高1900m超のしらびそ高原に上れたのでしょうか?
01_4


今回も走行ログを貼っておきますので、気になる方はご覧下さい。




10時過ぎに平岡駅をスタートした2人が目指したのは朝ごはん(笑)

この時間でしたが、すでに腹ペコでハンガーノック寸前でしたから。





今から行く道沿いに道の駅があったはずと思って走りだしたけど、痛恨の見落としで、気が付けばかなり切実な状況に・・・(泣)


その後11時少し前に「鹿丼」の張り紙のあった料理屋を見つけたんで、さて入店と思って入口に行ったけど、まだ時間が早いのか驚きの準備中(滝泣)





さて困った。

この先には、コンビニはないし、それ以前に人がいる集落があるかどうか。。。



そんな状態で焦りながら道中を走ってたら、こんなお店を発見。
Cimg8435


慌てて店内に入り、なんでもいいから食べ物をおくれと物色したら、クリームパンがあったよ(嬉)



なので、速効で購入して補給。




このままお店がないと、マジで電池切れで動けなくなるのかと焦りました・・・

ちなみに、金属さんがジャムバターパンを買ったんで、一個づつを交換してそれぞれの味を楽しみました(^^)

といっても、味についてはノーコメントですがw




平岡駅からR152を北上すること約2時間、12時少し前にしらびそ高原に行く分岐に到着
Cimg8436

前回は南から上る下栗の里経由でしらびそ高原を目指しましたが、こちらからは勾配12~14%が数キロ続くキツイ坂があるので、今回は比較的勾配が緩い北からのアプローチを選択。

だからと言って、楽に上れるなんてこと無いんですけどね(笑)



ここからは、ただただ耐えてひたすらペダルを回すのみ。

分岐から頂上までの距離が約15kmで1000m上らないと行けないから、どう考えても平均7%なんだよな~(汗)



分岐からすぐは割とキツイ勾配。
と言っても、10%はありませんけど。


そして残り14kmの看板からはひたすら我慢のペダリング。
勾配7%前後が延々と続きます(滝汗)


だいたい1kmおきに、あと何kmの看板があるんですが、その数字が全く減っていかない(泣)


1時間ほど走ってようやく地蔵峠に行く分岐点で見た残り距離があと7.5km。。。

はぁ~。脚もつかな~。



なんて思っていたら、右の太ももに違和感が・・・

はい、攣りました(号泣)

その後左足も同じ様になり、両脚脚攣り(大号泣)



痛くてたまりませんが、だましだまし上ります。




そんな満身創痍の状態で走ることしばし、いい加減にもうやめようと思った頃にようやく「しらびそ峠」に着いたよ(嬉)
Dsc_1967


Dsc_1968

ナイス絶景!

この景色を見るたびにリベンジしに来たんですよ(^^)





記念撮影がすんだら、峠の上にあるしらびそ高原を目指す。

が、ここからの勾配が予想だにしない激勾配(汗)

多分、今日イチのキツイ勾配かと。

なので、当然、蛇行走法を駆使して上りましたよ(笑)




14:00 ハイランドしらびそ
Dsc_1973

晴れてるとホントキレイな建物です。


そして、そこで小腹の減りを満たすために「五平餅@350」w
Dsc_1976

味は、まあこんなもんかな~って言えばいいかな。

最初はそばを食べようと思ったけど、思いのほか値段が高かったんで、五平餅に。
やっぱり高原値段なのかな。




帰路は下栗の里経由で。

下栗の里は日本の秘境100選になっている村で、日本のチロルと呼ばれ景色が良い事で有名です。
こちらを参照


なので、せっかくだからと言う事で、山の中にある展望ポイントに行くことに。

SIDIのカーボンソールをガリガリにし、SPD-SLクリートをすり減らして行った展望ポイントから撮影した貴重な写真がこちら。
Dsc_1978

ま、ま、いい景色だったよw



下栗の里からダウンヒル&下り基調の国道。

帰りの電車の時間も気になるので全力で走って、16時に輪行予定の平岡駅に着いた。
Dsc_1978x


ここ平岡駅は、温泉+レストランが併設されてるので、ぱぱっと輪行準備をし、温泉に入ったら、

待望の晩ごはん。


いただくのは、前回も食べてムッチャ美味しかった「とんかつ定食」です。
Dsc_1979


マジで美味しいので、みんな自走でしらびそに行って食べると幸せになれますよ(^^)



管理人はしらびそ抜きでとんかつだけ食べに行きますけどねww




17:33 飯田線で豊橋行きの普通電車に乗りこの日は終了。

当然、ビール、日本酒、などをしこたま持ち込んでの乗車です。



これだから輪行は止めれないってものですね(笑)




そうそう、輪行中にブルベでご一緒したりして顔見知りだった滋賀県のMIZUROさんから、あいさつをいただきすっごくビックリしました(驚)

こんな辺鄙な電車で一緒になるとはな~。


と言う事で、豊橋で乗り換えた後の快速ではMIZUROさんを含めての宴会電車になりましたとさ(笑)



一日一緒に走った金属さん、帰りの電車であったMIZUROさん、お疲れ&ありがとうございました。

楽しい一日でしたよ(^^)





しらびそリベンジお疲れさま~。 と、思われましたら応援のクリックをお願いします(^^)

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 

« 自走しらびそ峠 獲得標高は驚異の3500m超(驚) 前編 | トップページ | 下り坂で落車(ToT)  »

走行(ロングライド)2015」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした(^^)
イヤー!ホントキツかったですね(;´∀`)
ヒトリンだったら途中で帰ってましたわ。膝痛かったし(笑)
ながーい列車の旅もお陰様で短く感じました(^o^)v

こんばんわ〜〜っ‼️

しらびそリベンジ乙でした(^。^)

次回は『チロル』側より登壁願いますよ(^O^)/

楽しい輪行セットがお待ちしております*\(^o^)/*

こんにちは!
しらびそ、、、いきそびらし(そびれた)。
まぁ、回文になっていませんが、
お疲れ様でした。
お二人は本当に「坂道を上る」のが
お好きなんですね。
わたしは「下りが大好きです!」
ただ、下ってばっかりだと
その内地底を突き抜けて地球の反対側へ
抜けてしまうのですが、、、ウソです。
「反省会」だけご一緒します。
ではまた。

>金属wさま
こんにちは。
お疲れ様でした。
いやほんとに、ゴール後のとんかつが無ければ、上らずに帰ってしまいますね~w
これで、南と北からの両方を制覇したので、次は無いかな?w

>MaSaさま
こんにちは。
チロル側からはイケませんって(^^;
往復輪行の前回上りましたが、シボウした経験ありですからw

>風磨堂さま
こんにちは。
お先に行ってきました。
やっぱり輪行は楽しいですわw
しらびその下りは道が狭いし急だしカーブがきついので楽しくないですよ^^;
でもまあ、上りよりは1000倍楽しいですけどねw
で、PBP反省会はいつ?( ̄∇ ̄)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1187412/61489891

この記事へのトラックバック一覧です: 自走しらびそ峠 獲得標高は驚異の3500m超(驚) 後編:

« 自走しらびそ峠 獲得標高は驚異の3500m超(驚) 前編 | トップページ | 下り坂で落車(ToT)  »

フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング参加中

  • 今日の順位をチェック! ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 自転車ブログへ
  • にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    ↑↑↑↑ 他にも面白い改造記事がたくさんあるかも
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック


アクセスランキング