カテゴリー「etrex30」の6件の記事

2014年8月30日 (土)

etrex30(英語版)をブルベで使おう その5 先の標高を知って心構えをしよう

こんばんは。

前記事で、etrexを使えばブルべ最強と記事にしましたが、今回はもう少し掘り下げたいと思います。





まずは、この画面。

ルート表示中の画面ですが、青丸の中に山岳マークがあるのが見えますよね?


実はこれ、カシミールでデータ転送をすると、勝手に山岳賞が設定され、頂上に山岳マークが出るんですよ(嬉)
11636


それを踏まえて、管理人のように、この画面に経由地距離を表示すると、経由地(=頂上)までの距離が自動的に表示されるので、坂の残り距離が分かって非常に安心できます(^^)

ときには、絶望の距離のこともありますが。。。(爆)



etrex30の経由地距離は、勝手に設定される山岳賞までの距離や前回記事で伝えた自分で設定したポイントまでの距離を表示するので、結構参考になりますよw






そして、この画面。

今から走るルートのアップダウンを知ることができます。

カシミールで設定される山岳賞までの勾配や残りの距離、または、これから行く先がどんな上り具合かが感じかわかるのは大きなアドバンテージになりますw

まさに転ばぬ先の杖走法ができるかとw。
11795

先の坂が激坂すぎるときは、あっさりとバイクから降りて押し歩くのも一興ですね( ̄▽ ̄)





あと、こんな画面もあります。

高度、トリップよりの下の表示項目はいろいろ選べますが(EDGE500と同じ感じで)、特筆すべきはオフコースの表示。

設定したルートから外れると、この距離がどんどん増加するので、地図画面じゃなくても、ミスコースが分かります(^^)

心拍やケイデンス(ハートレイルセンサーはEDGE500と共有化)を見たいときに表示するこの画面も結構使えますね。
11474


前述の通り、心拍、ケイデンスセンサーはEDGE500と同じなので、管理人はEDGE500とetrex30を並べて設置してブルべで使っていますw





ここまでで、管理人の伝えたいetrex30の機能は紹介しつくしました。


どうです?

まさにブルべ用に最適と思いませんか?



一応、最後に再度特徴をお伝えして今日の記事は終わりにしたいと思います。


(特徴)
・ 常に地図を表示しているので、いちいち表示動作をさせなくても地図の確認が可能
・ 基本防水なんで雨でも大丈夫。(大雨の時は知りませんがw)
・ いままで紹介した使い方でも単3電池2本で24時間動くので、400km以上であっても電池交換一回で対応可能






無理にはすすめませんが、幸せになれると思いますよ( ̄▽ ̄)

eTrex30 (英語版) 電子コンパス,気圧高度計付き【送料・代引手数料無料】(eTrex 30 英語版)

価格:27,450円
(2014/2/22 20:01時点)
感想(11件)




ブログランキングに参加しています。出来ましたら、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ      にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ      にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

2014年8月28日 (木)

etrex30(英語版)をブルベで使おう その4 PCや分岐点を表示させミスコースをなくそう

前回の記事でetrex30にコースが表示できる様になったと思います。

ということで、本日は更なる使い勝手の向上を目指し、PCやミスコースしやすい分岐点を入れる方法を記事にしたいと思います。

基本的にetrexは、次の交差点を右へ行けとか、しばらく道なりですと言うナビ機能はないので、画面を見てないとミスコースする可能性がありますが、それを防止する技も一挙に紹介しますね(^^)



ここまでの過去記事は、以下になります。必要に応じて参照して下さいね(^_-)-☆

・ etrex30(英語版)をブルベで使おう その1 OSM地図導入
・ etrex30(英語版)をブルベで使おう その2 日本語化
・ etrex30(英語版)をブルベで使おう その3 コースのアップロード



ちなみにこれが管理人が買ったetrex30です。

eTrex30 (英語版) 電子コンパス,気圧高度計付き【送料・代引手数料無料】(eTrex 30 英語版)

価格:27,450円
(2014/2/22 20:01時点)
感想(11件)






1.カシミール3Dでウエイポイントを作成する


カシミールに走りたいコースを表示させ、PCや分岐点のポイントで右クリック→新規作成→ウエイポイント作成。

窓が開くので名前を分かりやすいものに変更して、OKをクリック。

すると赤いピンが地図上に付き、ウエイポイントとして登録。


この時、カシミールの地図だけだと、作成したいポイントがどこか分かりにくい事がありますので、ルートラボ等で同じルートを並べて表示させて、道の曲がり具合や付近の道路のつながり具合からウエイポイントを探すようにしましょう(笑)


前回の記事で、必要あればルートラボのルート保存と書き記したのは、このためだったですよw




2.カシミール3Dよりetrex30にルートをアップロード


PCや分岐点のポイントを作成したら、etrex30にデータをアップデート。
(前記事と同じ要領です)

etrexをPCにつないで、通信→GPSへアップロード予約→すべてを選択し、窓が開いたらアップロードボタンを押して転送。

これで、ポイントの転送終了。



ポイントを転送することにより、コース表示の画面にこんな感じでポイントが表示されます。
18020_2

でもね、これだけだと表示を見ないと気がつかないので、ここからもう一つミスコースをしなくなるテクニックを伝授。



3.それは、etrex30での近接アラートの設定!


etrex30側で、ポイントマネージャー → ポイントの選択 → menu → 近接選択 → アラートを鳴らす半径を入力。

管理人は、PCポイントは0.2マイル(約300m)、分岐点は0.1マイル(約150m)で設定しています。


この設定により、etrexでコースを表示させて走っていると、入力したポイントの手前でアラームがなるので、画面を見なくてもPCや分岐点に気がつき、ミスコースが防止できるって算段です(^^)



近接アラートは、ポイント毎に設定するのでかなり面倒ですが、この分ミスコースがなくなるのでオススメです。

ちなみに、今年のブルべでこの近接アラートをサボった名古屋400は、2回ほどミスコースしました。。。

ちなみに、その他の参加ブルべは、この設定をきっちりしたので、ミスコースなしで完走できたことを合わせてお伝えします(^^)





どうです、まさにブルべ(ロングライド用)のサイコンですよねw





でも、このetrex30はこれだけの機能ではありませんよ。

と言う事で、次回は、より楽にコースを走るための走行法を伝授したいと思います。

たいしたネタでは、ありませんが、少しだけご期待くださいませ( ̄▽ ̄)


つづく





ブログランキングに参加しています。出来ましたら、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ      にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ      にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

2014年8月27日 (水)

etrex30(英語版)をブルベで使おう その3 コースのアップロード

定期シリーズになってきた、etrex30ネタ。

ここまでの2回で本体の設定が終わりましたので、本日は、ブルベコースのアップロードの仕方を記事にしたいと思います。


過去記事はこちらのリンクからご参照して下さい。

・ etrex30(英語版)をブルベで使おう その1 OSM地図導入
・ etrex30(英語版)をブルベで使おう その2 日本語化


管理人が買ったetrex30本体はコチラですよ。

eTrex30 (英語版) 電子コンパス,気圧高度計付き【送料・代引手数料無料】(eTrex 30 英語版)

価格:27,450円
(2014/2/22 20:01時点)
感想(11件)




1.キューシートを見ながらルートラボでコースを描く

ここでは、保存できる上限の8000点を気にしないで描けばOKです。

ただし、ここで描いたルートをルートラボに保存するのであれば、8000点を超えないように分割して描くか、8000点を超えたら別のフリーソフトで間引いて8000点以下にするようにしましょう。


2.ルートラボよりデータをGPX形式でエクスポートする

コースを描いたら、そのまま画面左のエクスポートボタンを押し、PCのハードディスクの適当な場所にGPXファイルを保存します。





3.ルートラボでのデータの保存(必要であれば)

8000点を超えてなければ、そのまま保存できますが、
8000点以上の場合は以下の手順で8000点を間引きして保存できる様にしましょう(^^)


(1)(フリーソフト)を起動させ、そこに先ほどエクスポートした8000点以上のGPXファイルをぶちこむ。
(2)トラックタブを開き、間引き保存にチェックを入れる。
(3)トラックをダブルクリックして、トラックの設定で目標ポイント数を8000にする。
(4)ファイル→エクスポート→GPXファイルを選択し、GPXファイルをエクスポートする。(ファイル名は替えた方がいいかな)
(5)ルートラボで上記でエクスポートしたファイルをインポートする。
(6)インポート完了後、ルートを保存する




4.ルートラボよりエクスポートしたGPXファイルを、カシミール3Dを使いetrex30にルートをアップロード

(1)etrex30をPCにつなぐ。
(2)カシミール3D(フリーソフト)を起動させ、先ほどエクスポートしたGPXファイルをぶちこむ。
(3)通信→GPSへアップロード予約→すべてを選択し、窓が開いたらアップロードボタンを押して転送。すぐに転送は終わります。



以上で、etrex30にブルベコースのアップロードが出来ました。


あとは、PCからetrx30を外し、電源を入れ、ルートマネージャーからコースを選択すれば、こんな感じにコースを表示。(画像は300mスケール時)
18005

走りたいコースが、ピンク色で地図上に表示されます。
この画面はポイント数を間引きしてるので、ちょっと線が道から外れていますけど(汗)



で、自分の位置が画面下部に青三角で表示されているので、ピンクの線をたどる感じで進めば、もうミスコースの心配ありません(^^)


 



取りあえず、今回はここまで。

次回は、もっとデープな使い方を紹介し、更に使い勝手を良くしたいと思います。


つづく



ブログランキングに参加しています。出来ましたら、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ      にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ      にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

2014年8月25日 (月)

etrex30(英語版)をブルベで使おう その2 日本語化

今日は、etrex30インプレシリーズの2回目になります。

第1回目の前回は、「etrex30に日本地図を導入しよう」でした。

さて、2回目は何を書きましょw ← 約1年前にしたことだから、忘れっぷりが半端ないんです(笑)


あっ、思いだした。

日本地図が導入できたら、一応使う事ができるんですが、日本生まれで日本育ちで英語の読み書きができない管理人は、その困り事を解消するために、英語版のetrex30を日本語化しました。

ということで、第2回目は、「etrex30を日本語化しよう」です(^^)


やり方は、前回同様各自ググって先人の記事を読みあさって下さい。

etrex30 日本語化」でググるといいかも。


で、日本語化の難易度は、かなり高かった記憶があります。

簡単にできないから、日本語版のetrex30が値段が高くても売れるんですよね~。



とは、言うものの、アラフィフの管理人でも時間はかかりましたが何とか出来たので、先人の記事をイロイロと時間を掛けて読めば、なんとかできると思います。

そういうのが、面倒という人は、そのまま英語版を使うか、値段は高いけど日本語版を買うかして下さいね(^^)



確か日本語化のキモは、「006-D1053-64.bin」「Japanese.gtt」の二つのファイルをどう集めるかだったと思います。

先人達もこの辺りを詳しく書いていないので、言葉の外のニュアンスを読み取って頑張って下さい。



つづく



ブログランキングに参加しています。出来ましたら、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ      にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ      にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

etrex30(英語版)をブルベで使おう その1 OSM地図導入

こんばんは。

タイトルのetrex30を購入して一年近くが経ち、今年何度もブルベで使ったことにより、ようやく使いこなせるようになってきました。


なので、不定期になるとは思いますが、これから何回かに渡ってetrex30のインプレ記事を書いて、みなさんに普及したいと思います。

決して、先週参加だったシマノ鈴鹿が雷雨で中止になったからつなぎの記事をという訳ではないですよw






それでは、第1回目の今回は、「etrex30に日本地図を導入しよう」です。



1.準備するもの

etrex30本体

eTrex30 (英語版) 電子コンパス,気圧高度計付き【送料・代引手数料無料】(eTrex 30 英語版)

価格:27,450円
(2014/2/22 20:01時点)
感想(11件)

micro SD 8GB
(サイズが大きいほど良いけど、値段が高くなるので管理人は8GBで妥協ですw)

サンディスク microSDHC 8GB SD変換アダプター付属 バルク品

新品価格
¥540から
(2014/2/22 20:03時点)

2.日本地図(OSM地図)の導入

英語版のetrex30は、英語版ゆえに最初からインストールされている地図が、全く使いものになりません。

なので、一番最初に行う作業は、地図をインストールすることです。


有料の地図や無料の地図がイロイロとありますが、管理人は金満じゃないので無料の「OSM地図」を選択。

このOSM地図ってのは、割とみんながインストールしているポピュラーなものらしいので、いろんな方のブログ記事で導入のやり方が紹介されています。



なので、導入の方法は、先人の記事をググって参考にして下さい(笑)


etrex30 地図導入」でググれば、いっぱいためになる記事が出てきます。

本当は、自分で詳細を書きたいけど、アラフィフゆえ、すでにやり方をスッカリ忘れてしまったので、書きたくても書きようがありませんから(爆) 



うっすらとした記憶では、この地図の導入は、あまり悩まずにできた記憶があります。

アラフィフィ管理人でも出来たんだから、みなさんならすんなり出来ると思います。

では、自己責任で頑張って下さいね(爆) 



つづく。




ブログランキングに参加しています。出来ましたら、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ      にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ      にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

2013年12月24日 (火)

etrex30 インプレ

こんばんは。

今日は先月の自分の誕生日プレゼントに自分でポチった「etrex30」のインプレ記事を書きたいと思います。
何、クリスマスイブにこんな記事書いてるんだというツッコミは無しでお願いしますね(´д⊂)


当然のことながら、自分のものを悪く書くなんてありませんから、かなり自分本位的な記事になりますので、その辺はご理解ご了承の上、お願いします(笑)


ちなみに今回管理人は、英語版のものを下のリンク先のショップで買いました。
海外通販だともうちょっと安く買えるのですが、円安のおかげで昔ほど値段に差がないので、今回は流通性・信頼性の高い日本のショップを選択。
その中で、管理人調べで一番値段が安いこちらを選択という訳で。

eTrex30 (英語版) 電子コンパス,気圧高度計付き【送料・代引手数料無料】≪あす楽対応≫

価格:27,450円
(2013/12/15 06:46時点)
感想(9件)



あと、合わせてこちらのバイクマウントも同じ店で買いましたよ~。
これがないと、自転車に取り付けれませんからね。

自転車・バイク ブラケット【Colorado/Oregon/Dakota/62/eTrex10,20,30用】

価格:1,890円
(2013/12/15 06:55時点)
感想(8件)



さて、購入品の紹介も済みましたので、ここからはインプレなどを。

大体の紹介は上のリンク先のページに書かれているので細かくは書きませんが、ここが大事と言うとこを書き出しますと、

・ カラー液晶で地図を表示
 
・ 日常生活防水あり
・ 電源は単3乾電池×2本で25時間稼働

こんな感じに列挙できます。


これらを簡単にまとめますと、
地図を見ながら、様々な天候下で、長距離を自転車で走るのに適したナビ」ということができます。

もっと簡単に言うならば、「ブルベ用ナビ」ってことですね(笑)



まあ実際管理人も、多くの人がブルベで使っているのを見て買ったわけですから(^^)




大きさは下の写真のような感じで、
Cimg3843

EDGE500の2倍近いけど、液晶サイズは少し大きいだけ(爆) 

当然、大きい分重さもEDGE500の倍ぐらいとかなりの重量級ですw






それを、バイクマウントと使ってハンドルより遠い位置に取り付けて、
201311301142141

わかりにくいですが、バイクマウントを2個使って、かなり前方に付けていますw


個人的にナビはハンドルより遠い位置にある方が視線を深く落とさなくてもいいので、このぐらい遠い方が見やすいのです。

おっとそこ、老眼だからなんてツッコミはいりませんよ(爆) 






で、使うにあたって、

・ まず、日本語化して
・ 次に、無料のOSM地図とyahoo地図を入れて
・ ルートラボで引いたコースをカシミールを使って転送したら

めでたく etrex30が走りたいコースを表示してくれます。
あとは、画面に表示されるコースをなぞるように走ればOK。

これで、ミスコースすることなく走る事が可能になるかと(^^)



ただし、曲がる手前で右だとか左とは教えてくれませんので、そこだけは要注意ですね。





さて、こんな使い方を何回かしてみて感じた管理人のインプレを以下に。


【良い点】

・ 地図にルートが表示されているので、視覚的に走るコースが把握できる。
 
  (さらに言うとYahoo地図は見やすい(^^))
・ 単3電池で25時間稼働するので、ロングライドでもモバブーを持っていかなくても良い
  (EDGE500は16時間程度でバッテリー切れになります。。。)
・ 昼間でも画面が見やすい

だからブルベでみんなが使うナビになってるんですね(^^)



【うーんな点】

・ 日本語のフォントが小さくて見えない。。。(決して老眼じゃないから(爆))
・ 曲がるポイントでお知らせがない。 うっかりするとミスコースに(^^;
・ バイクマウントに取り付けると固くて外すのに困難。
  (でも、いきなりふっ飛ばして壊すよりいいのかな~w)


取りあえず、思いつくのはこんだけです。



で、来年はこいつをうまいこと使って、貧脚なりに頑張って走って再びSRを目指したいと思いますので応援よろしくお願いします。






本当は、モノに頼らず鍛えれば良いんですが、アラフィフなんでお許しをw
こんな管理人に応援のクリックをお願いします(^^)

自転車ブログ クロスバイクへ 
      自転車ブログ クロスバイクへ 

気が向いたら、さらに詳細記事を書くかもしれません。乞うご期待を( ̄▽ ̄)

 

フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング参加中

  • 今日の順位をチェック! ↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 自転車ブログへ
  • にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    ↑↑↑↑ 他にも面白い改造記事がたくさんあるかも
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック


アクセスランキング